line

18歳未満は利用停止…LINEの年齢認証機能でブロックされてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2013年1月30日]


2012年12月20日に発表された、LINEの年齢認証機能アップデート。
キャリアの持つ正確な年齢情報で特定機能の利用ブロックを行うという、これまでに無い厳密で効果的な措置が大きく話題になりました。
今回は、auのAndroid端末で実際にブロックされてみました。

何が起きているのか

キャリアが保有する個人情報は第三者であるサービス事業者に渡る

2012年7月2日からKDDIとNHN Japanは事業提携しており、KDDIが保有する正確な個人情報はNHN Japanに渡り、LINEで年齢認証をするために利用されます。

当社は、当社が保有する個人情報を、個人を識別できない形に加工した上で、第三者への提供を行うことがあります。

電気通信事業分野における個人情報の取り扱い | プライバシーポリシー | KDDI株式会社
KDDIのプライバシーポリシーではこのような扱いになっています。
個人を識別できない形に加工されていれば、第三者に提供できるということですね。

年齢認証でブロックされるとどうなる?

  • 未成年がID検索機能を利用できなくなる
  • 未成年ユーザーのID検索をしても検索結果に出てこなくなる

ID検索が使えなくなることにより、電話帳とふるふる(GPS情報を利用した、目の前に居る人と同意の上で友達になる機能)からしか友達の新規追加が出来なくなります。
未成年はネットで出会っちゃダメという運営の姿勢が明確にあらわれています。

年齢制限の対応端末は?

  • 2012年9月3日 auスマートパス版のLINEで対応
  • 2012年12月20日 au(KDDI)のAndroid端末で対応

となっており、今後はKDDI以外の携帯電話会社とも協力して同機能を搭載していく予定だそうです。未成年の出会い厨も、未成年狙いの出会い厨も、年貢の納め時ですね!

年齢でブロックされてみた


LINEの友達追加画面で、ID認証を選択。
すると小窓で「ご契約のキャリアからの年齢認証が必要です」とアラートが出ます。
年齢認証に進むと、au IDのログイン画面が。
au IDとau IDのパスワードを入力してログインします。


「NHN Japan(LINE)へ、お客様の年齢情報を通知します」と出てきます。
ここでもう一度認証が必要。今度は暗証番号(セキュリティパスワード)です。
入力し、同意。
結果、18歳以上ではないと判断され、ID検索機能は使えないままでした。

安全と面白さの両立はできるか

モバゲーやグリー等では年齢が自己申告制で、年齢による機能制限をかけても実質無意味と言えましたが、LINEが行っているようなキャリアの情報を用いた年齢制限はかなり効果的だと思われます。
LINEはリリース当初、電話帳を強制で吸い上げて友達にする仕様になっており、ID検索機能を利用した出会い掲示板も乱立するなど、新鮮なコミュニケーションを促進するアプリでした。シェアも拡大し安定軌道に乗ったこれからは、安全・安心を強調してユーザーの定着を図るのでしょう。そういえばmixiもそんな感じでしたよね。
しかし、安全・安心なコミュニティはメリットも大きい反面、疲れます。FC2TalkのようなLINEと逆方向に全力疾走するアプリも出現する中、LINEがどのように新鮮な面白さを維持していくか気になるところです。

関連記事:
SNSで年齢詐称ができなくなる?6月1日からドコモが取り組む「年齢情報の提供」
LINEが出会い系利用に警告!面識のない異性との出会いに使うのは利用規約違反
18歳未満のLINE利用に制限…auのandroid端末より対応開始

コメントは受け付けていません。

PageTopへ