png

Samsung、「Music Hub」を他社端末へ展開へ!音楽サービス戦国時代きたか…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2013年1月30日]

Samsung(サムスン)が自社製端末向けに展開する音楽クラウドサービス「Music Hub」を、他社製端末でも使えるようにするとの計画がサムスンのメディアサービス部門の役員TJ Kangのコメントより明らかになったと海外メディアが伝えています。
TJ Kangによると、「Music Hub」は、現在サムスンの自社製スマホの一部(Galaxy S III と Note II)の端末で、6ヶ国のみの限定されたユーザーにしか提供されていませんが、2013年度内に、他社製のスマートフォン・タブレット・スマートTVなどへの提供を広める計画であるとのこと。

Music Hubってなに?

SamsungのMusic Hubとは、2012年9月に同社が買収した「mSpot」がベースになった音楽クラウドサービスです。
iTunes Match(Apple)Google Music(Google)などと同様に、自分の持っている音楽データをクラウド上にアップすることで、複数デバイスでの楽曲再生が可能になります。(オフラインでの再生も可能)
なお、1,900万曲以上もの高品質な楽曲を扱うミュージックストアの機能も備えており、ストア内の全ての楽曲を30秒間無料で視聴でき、欲しい楽曲を購入することが可能です。

【参考】その他music storeとの取扱い楽曲数比較

  • iTunes Store: 2,600万曲(2012年11月時点)
  • Amazon MP3: 2,000万曲(2012年11月時点)
  • Google Music: 1,300万曲(2013年1月時点)
  • Music Hub: 1,900万曲

さらに、月額制のプレミアム会員登録($9.99)により、自分がクラウド上にアップした楽曲の中で、ミュージックストアのラインナップにマッチするものがあれば、手元の音源よりも高音質なバージョンで楽曲を再生することができます。また、ストア内の楽曲の一部がフルで聞き放題になったり、視聴履歴やお気に入りに登録した楽曲やアーティストの傾向からパーソナライズドされた楽曲のストリーミング再生機能、広告なしで楽しめる様々なジャンルのミュージックラジオをストリーミング再生することも可能になります。
オリジナルのプレイリストを作成して友だちにシェアしたり、楽曲情報だけでなく歌詞が見られたり、楽曲のレコメンデーション機能やイコライザ機能がついていたりと、ミュージックプレーヤーとしても優秀なようです。

PCから楽曲をクラウドにアップロード

楽曲にいつでもどこでもアクセスできる

ジャンル毎やパーソナライズ化されたラジオをストリーミング再生

ユーザーの嗜好に合わせたレコメンデーション

iTunes Match と Spotify のいいとこ取り!

無料会員のままだと、クラウドへの楽曲アップロードやストリーミングラジオなどの機能は使えず、ただのiTunesのようなミュージックストアとしての利用に限られます。
しかし、月額約10ドルの有料会員になることで、iTunes MatchやGoogle Musicといった「クラウドロッカー型」のサービスに加え、Spotifyのような「定額聴き放題」サービスの両方を利用できるのがMusic Hubの魅力。さらに、単純なクラウドロッカー型のサービスではなく、クラウド上の楽曲データを、より高音質の楽曲に差し替えて聴くことができるという、いわば進化型クラウドロッカー型サービスです。
実は、GoogleやAppleも以前から定額で音楽のストリーミングサービスをはじめるとのは出ていましたが、権利や契約の問題からなかなか話が進まず、とりあえずロッカー型のサービスとしてローンチしている状態。
彼らがモタモタしてるウチにいつの間にかSamsungが先駆けてクラウドロッカー+聞き放題のいいとこ取りサービスをスタートしていたのですね。

Music Hubは手持ち楽曲をアップロードするクラウドロッカーと、定額聴き放題サービスのいいとこ取り!

日本にはいつ上陸するの…?

日本で利用できる音楽の定額聞き放題サービスといえば、Sonyの「Music Unlimited」、KDDIの「うたパス」、「Lismo unlimited」など。また、2013年3月にはレコチョクの音楽定額サービス「レコチョク Best」もリリース予定です。
残念ながら「Spotify」やMicrosoftの「Xbox Music Pass」、先日公開された「Nokia Music +」などは未だ日本には上陸できていませんが、最近になって日本でも利用できる音楽定額サービスがじわじわ増えてきました。

ただ、音楽クラウドロッカー型サービスは、日本の著作権事情により、残念ながらまだどこも実現できていないのが現状。
クラウド音楽サービス日本一番乗りはAmazonでしたが、日本では手持ちの楽曲をクラウドにアップロードできない残念な仕様でのローンチとなりました。。。

となると、「Music Hub」もまた日本上陸するとしても、、Amazon のような残念な仕様になってしまう予感がするのは私だけでしょうか…?

参考:
Music Hub(Samsung)
Samsung’s Premium Music Hub Takes on Spotify, Pandora, iTunes/iCloud(evolver.fm)

コメントは受け付けていません。

PageTopへ