2017-02-14_12h03_35

最新技術で生活習慣を改善する企業向けヘルスケアサービス『Work Performance Plus』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2017年2月21日]

2017年2月より株式会社ソニーモバイルコミュニケーションズが提供を開始した『Work Performance Plus』は、従業員の健康管理をサポートし仕事効率向上を図る企業向けヘルスケアサービスです。従業員の生産性を高めたい、欠勤の多発によるコスト増を抑えたいなどといった悩みを抱える企業向けに開発されたサービスで、従業員とWin-Winの関係で企業の活力や生産性向上への貢献を目指すものです。
2017-02-14_11h53_22

意識から変える健康への3ステップ

Work Performance Plusは、次の3ステップでプログラムが組まれています。

  1. ①管理栄養士による集団研修:生活習慣と仕事のパフォーマンス向上の関係性を理解・実践するための生活習慣の基本を学ぶ
  2. ②オンライン個別指導:専属の管理栄養士が生活習慣をチェックし改善を支援する
  3. ③アプリの自動アドバイスによる生活習慣の定着化:写真を撮るだけで食事管理ができ生活習慣を可視化する

d2501-61-367675-0
食事・運動・睡眠の基本生活習慣の改善により免疫力や集中力のアップだけでなく、思考のポジティブ化も期待できます。
さらに、前半3ヶ月間で①と②、4ヶ月目以降は③を行うという合計12ヶ月の長期プログラムとなっており、単なる健康管理だけでなく健康意識から改善することで自律的な継続及び習慣化が見込めます。

ソニーの最新テクノロジーを活用

同時に開発されたサポートアプリ『Work Performance Plus』(iOS/Android対応)には、複数の料理が写っている食事の写真から各料理を同時に高精度で判別するという独自の画像認識技術を応用。毎回食事の度に食べたものをひとつずつ記録するという煩わしさから開放されるので、継続できそうです。
03
また、同社のフィットネスバンドであるSmartBand2などのウェアラブルデバイスを活用し、睡眠時間や歩数などの生活習慣情報を自動記録。生活に寄り添った形で習慣化をサポートしてくれます。

身体の健康状態が脳の働きに及ぼす影響は想像以上に大きいものです。企業全体の生産性の向上には、従業員ひとりひとりの健康面からアプローチするという方法も効果的かもしれません。

▼参考リンク
Work Performance Plus|ソニーモバイルコミュニケーションズ
SmartBand 2 SWR12|ソニーモバイルコミュニケーションズ

PageTopへ