04843

SSPで運用して売上10倍! カジュアルアプリの雄GOODROID松田氏が語る「ぶっちゃけ動画広告」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2017年2月13日]

動画リワード9社による共同主催イベント『新春 Rewarded Video Ads Night☆』が開催されました。テーマはもちろん動画リワード。今後の動画広告に関する熱いトークが繰り広げられました。ここでは株式会社GOODROID代表の松田和彬氏(写真)登壇の模様をお届けします。

04843

GOODROID 2014年創業のカジュアルゲームデベロッパー。2年間で45本ほどのカジュアルゲームを作り、総ダウンロード数は1千万を超える。代表作は、300万DL/総売上6,000万円の『もやしびと』、90万DL/総売上7,000万円の『私のヒモ男』。2016年も、UUUMとの共作でYouTuberのはじめしゃちょーをフィーチャーした『もやししゃちょー』や、『青鬼2』の200万DLや、『おそ松さんのニートスゴロクぶらり旅』の60万DLなど、ヒットに恵まれる。

0485104853

動画広告って儲かるの?

カジュアルアプリのデベロッパーからよく受ける質問を、僕らの作っているアプリのデータを見ながら話していきます。

動画広告の視聴回数

僕らが作っているアプリで言うと、おそ松さんで3.8回、『私のヒモ男』で約2.7回、『青鬼』で1.8回くらい見られてます。ゲーム性や視聴の制限回数などによってばらつきはありますが、1ユーザーあたり2~5回は見ているだろうという計算です。これは視聴回数をDAU(1日あたりのアクティブユーザー数)で割ったものなので、実際はもっと見ている人もたくさんいるかもしれません。ただ、2~5回という数字が参考に使えると思います。

動画広告の収益性

このグラフは『私のヒモ男』というアプリの動画リワードの売上と、CPM(1,000回表示あたりの広告コスト)を表したもので、赤が動画リワード・青がCPMを表しています。

04860

リリースは2015年9月ですが、一番下がったタイミングでも2,000円を超えている状態です。CPMはリリース後、どんどん下がっていくものだろうとよく言われるのですが、逆に上がっておりまして、直近だと5,000~6,000円まで来ています。ユーザー数は減っているが、動画リワードのCPMが上がっていることにより、売上がキープできている状態にあります。底値でも60~70万円を売り上げ続けている状態です。他のフォーマットに比べて収益性が高く、かつ継続性が高いと感じています。

余談ですが、『私のヒモ男』の収益性が高い理由を考えてみました。1つ目が、乙女ゲームであることからターゲットが明確であり、相性のいい広告案件がわかりやすいところです。そして2つ目が、動画リワードの導線をしっかり目立つところに配置しているという点です。それから動画リワードで配るインセンティブは、すぐに効果を発揮するものでない方が広告効果が良くなり、CPMが高く保てる傾向にあります。さらに回数の制限を設けることで、無限に出来るものよりもCPMを高く出せる傾向にあります。ユーザーがゲーム中で本当に欲しいものを配ることや、メインループ内での自然な誘導を行うことが大切です。

04865

ちなみに他の広告フォーマットのCPMを見てみると、フッターバナーで62円、ネイティブで18円、インタースティシャルで306円。他の案件に関してもバナーが60~80円、ネイティブで15円~25円、インタースティシャルで250円~400円といったところです。1,000円以上の高いCPMが出る動画はリワードだけですので、これを上手く使うことこそが、高い売上を出す秘訣だと言えます。

04870

動画広告の売上比率

『私のヒモ男』だと、40%がリワード、バナーとインタースティシャルが同じ20%前後、残りがネイティブです。僕らが作っている他のアプリも大体この辺りの値です。ちなみこのアプリの動画リワード総売上は、2,800~3,000万円ほどです。

04873

動画リワードのネットワークはどこがベストか

動画リワードのネットワークがたくさんある中で、一体どこが1番良いのでしょうか? 現状、個人の主観ではSSPが良いと思っています。ただ、一概には言えないところもあります。それはデイリーでCPMの1位が入れ替わっている状態だからです。弊社で出しているアプリの中に8~9個動画リワードのネットワークを入れているものがあるのですが、差が激しく、毎日順位が変わっていきます。1位だった回数はデータ上に出してはいますが、これが低いから悪いネットワークだとも言い切れません。結局、様々なネットワークを出し入れしたほうが、機会損失にならなくて良いかと思います。

2017年を真の動画広告元年に

去年、一昨年とGOODROIDは動画広告に助けられてきました。中でも動画リワードだけでどのくらい稼いでいたのかというと、2015年の売上が500万円だったのに対し、2016年はの5,000万円(10倍!)でした。2016年で動画リワード市場はかなり大きくなったと思っていますが、2017年さらに大きな市場にしていくためには、アドネットワークやアプリデベロッパーの方と共に作っていく必要があると感じています。皆さん一緒に盛り上げていきましょう!

▼参考リンク
株式会社GOODROID
新春 Rewarded Video Ads Night☆
アドフリくん

PageTopへ