3

世界初の試みに参加しよう!人気YouTuberせきぐちあいみのVR個展プロジェクト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2017年1月23日]

アートとテクノロジーは抜群の相性を生み出します。人の動きに合わせてインタラクティブな演出をすることができたり、プロジェクションマッピングが流行ったりと、新たなテクノロジーが生まれると新たなアート作品が生まれます。そしてそれはVRも例外ではありません。
タレントやYouTuberとして活躍中のロンリーデジタルパフォーマーせきぐちあいみ氏が、クラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING」でVR個展の資金調達を行い、目標金額の3倍以上もの資金の調達に成功しました。世界初となるVRアートを使った個展はいったいどんなものになるのでしょうか。

3

アートの空間に入り込もう

せきぐち氏はリポーターの取材でHTC Vive用VRペインティングソフト「Tilt Brush」を体験したことをきっかけに、VRアーティストとしての活動を始めたそうです。もともと空中に絵を描けるペン「3Doodler」公認の3Dペンアーティストであったこともあり、せきぐち氏が生み出すVRアートはどれも魅力的なものばかりです。

さらに人気YouTuberでもあるせきぐち氏は、公式チャンネルに今までのVRアート作品や作成風景を投稿しているので、誰でも見ることができます。中でも【VR Art#12】で作成された「イルミネーション」は有名なイルミネーションスポットにも匹敵するような、綺麗で幻想的なイルミネーションが広がっており、圧巻の一言です。

VRという技術は立体的に表現できるだけでなく、HMDをつけることでその場にいるかのような没入感を味わうことができます。そのためYouTubeで見るよりも、HMDを使って見ることで、より一層VRアート作品の魅力を体感することができるはずです。そしてそれはVR個展を開くことによって、多くの人に体感してもらうことができるようになります。

VR個展では作品の数だけHMDを用意し、それぞれ1つずつ違う作品を見ることができるようになる予定です。今までの作品のほかにも、食べられるVRアート触れるVRアートのような、視覚だけでなく、聴覚、嗅覚、味覚、触覚も刺激するような作品も計画されているようです。一体どんな作品を体感することができるのでしょうか。ただ、気になる個展の開催日程などの詳細は現時点では明らかになっていません。続報を待ちましょう。

目標を上回るほどの調達資金の成功には、VRアートという新しいアートへの期待が大きく現れていると思います。まだまだ新しく周知されていないVRアートをいち早く体感してみてはいかがでしょうか。

▼参考リンク
GREEN FUNDING
Sekiguchi Aimi VR Art Gallery

PageTopへ