1

探索型GPSゲームで群馬県桐生市を救え!『2116 feel and color~それでもここにいる理由~』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2017年1月16日]

皆さんは群馬県にある桐生市をご存知ですか? 桐生市は東京から車で約2時間、人口およそ11万人、古くから織物が盛んなまちです。織物産業の繁栄を今に伝える町並みが残っており、近代化遺産の宝庫となっています。
実は今、そんな桐生市が大変なことに!? 100年後の未来のキリュウ・シティの少女から届いたSOSメールによると、未来のキリュウ・シティでは世界企業アルガード社の陰謀により感情がコントロールされてしまうそうです。実際に桐生市に行き、未来のキリュウ・シティを救いましょう!

1

なるか、地域活性化

昨年最も話題となったアプリといえば「ポケモンGO」ですよね。GPS機能を使って街を歩き回るとポケモンが出現し、ゲットすることができます。場所によって出てくるポケモンは様々で、レアなポケモンが出るという公園には多くの人が集まっていました。
宮城県石巻市ではポケモンGO関連イベントを開催し、のりものポケモン「ラプラス」の出現率が上がったことで多くの観光客が訪れ、その経済効果は約20億円とも言われています。「ポケモンGO」はARとGPSを組み合わせることで、新しいゲームの形だけでなく、観光形態までも作り出しました。

このような時代背景を受けてか、桐生市では同市出身のゲームクリエイターである殿岡康永氏が代表のベンチャー企業「ニュートロンスター」と自治体によって、街探索型GPSゲーム『2116 feel and color~それでもここにいる理由~』が始まりました。あわせてスマホアプリ観光ガイドサービスも開始しています。

桐生市へGO!

このゲームは実際に桐生市に訪れることで遊ぶことができます。市街地に設置された90ヶ所のセンサーに近づくとスマートフォンに指令が出され、それをクリアしていくことでストーリーが進行する体験型ゲームです。メインストーリーとは違うサブミッションが入ることもあり、内容盛りだくさんで桐生市の魅力にたっぷりと出会うことができます。クライマックスではプロジェクションマッピングを活用したゲームが用意され、最高の演出で最後まで盛り上げてくれます。ゲームの勝敗によりエンディングが変わるマルチエンディングとなっているので、何度も楽しむことができそうです。ゲームはスマートフォンでアプリを無料でダウンロードすることで遊ぶことができます。

開催期間は2017年1月12日~3月31日で、何時でもゲームは進められるようになっています。ただ、ゴール地点となる北幼稚園跡は、平日10時~15時、土日祝日10時~16時のみ入園可能となっているのでご注意ください。実際の街を周りながらのゲームとなるので、以下の注意事項に気をつけて安全に楽しく遊びましょう。

1. ゲームの最中は、交通や人など周りにきをつけてください。
2. ゲームのプレイ時間は、サブミッションを含めると平均3〜5時間になります。
3. 他に操作などわからない場合は、本町にあるキッズバレーに来てください。
4. 車や乗り物に乗りながら、ゲームを絶対しないでください。
5. タバコを吸いながらのゲームは絶対しないでください。
6. サブミッションは、周りの建物などにヒントがあるはず。よく見よう!
7. あやしいと思った場所でスマホが反応しない場合は、何回も近くを通ろう!きっと反応がするはずだ。
8. マナーや注意を守れない人がいたら、運営の人に連絡しよう!
9. ゲームを1日で回れない場合は、違う日にしよう。ゲームをやめたところから次回は始まります。

観光もいかが?

同時に開始したスマホアプリによる観光ガイドサービスを使うことで、さらに桐生市の魅力を体験することができます。こちらもスマートフォンで無料アプリをダウンロード可能です。

現在は①桐生の織物産業の歴史と今を体験するコース②新しさ×レトロな話題スポットを巡るコース③大正・昭和の貴重な歴史写真から巡るコースの3つのコースが公開されています。お店のクーポンをゲットできることもあるようなので、この機会にお得に観光しちゃいましょう。

最近の街おこしではアニメの聖地巡礼などがありましたが、IoTテクノロジーと組み合わせることで、新たな街おこしの可能性が見えてきました。実際に街を歩き回ることでその土地を隅々まで観光することができます。さらにこのゲームでは、様々なクリエイターたちが集結して作ったユニークなアトラクションがたくさん待ち構えているので、モチベーションを維持しながら楽しむことができます。この取り組みが全国各地で広がると、より一層地域活性化につながりそうです。

▼参考リンク
2116 feel and color~それでもここにいる理由~
ニュートロンスター
桐生市HP

タグ:
PageTopへ