21213_uqdizlhqef

写真撮影から経路検索・防災対策まで~最新デジタルサイネージ自販機『スマートベンダー』~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年12月09日]

株式会社ブイシンクによって開発された最新デジタルサイネージ自販機『スマートベンダー』が札幌市営地下鉄 大通駅に設置され、12月2日に稼動開始しました。これは、外国人旅行者への多言語での情報案内が可能な新世代のデジタルサイネージ自動販売機です。東京オリンピック・パラリンピックを見据えて開発したということで、外国の方の役に立ち、日本人も楽しめる様々な工夫が見受けられます。

自動販売機に搭載された豊富な機能

・多言語対応
21213_qfbpxlghit21213_shlorjoopm
スマートベンダーは、外国人観光客に向け、各種情報を多言語で表示できるようになっています。
現在は日本語、英語、中国語、韓国語の4ヶ国語での案内が可能です。
しかし東京五輪の際には世界各国の方が来日されるので、対応言語のさらなる拡大が期待されますね。

・地域情報の提供にも対応
スマートベンダーはCMやニュース・天気といったテレビの放送に似た情報も表示していますが、それ以外に地域のおすすめ情報も提供しています。
今回は札幌市内への設置ということで、札幌近郊の観光地や食事処、イベント・宿泊・買い物などに関する情報を提供してくれます。
今後他の地域にも進出予定ということなので、各市に地域密着型の『スマートベンダー』が設置されていくことでしょう。

・運行情報表示や乗り換え案内サービス
21213_lwguemmogpスマートベンダーには、交通機関の遅延・事故などの運行状況も表示されます。遅延や事故は前日までに予測することは不可能なので、この情報はその地をよく知っている人でもありがたいでしょう。

また、皆さん乗り換え案内という言葉でお馴染みだと思いますが、この機械では行き先までの経路検索もできます。
同じ日本人でも慣れない土地に行くと電車やバスの乗り継ぎは難しいので、外国の方にとってのそれは言うまでもありません。
しかしスマートベンダーでは、検索結果の横に地図も表示され、外国人旅行者にも分かりやすくなっています。観光地やオリンピックの競技会場の近傍は混乱が予想されるので、この機械によって少しでも緩和されると良いですね。

・ARを用いて記念写真
21213_alcyccssjuこの機能では、ARによる被写体の変身と背景合成が実現されています。

撮影した写真はPC・スマホに送信もできるので、観光記念として撮影すると良いでしょう。
自動販売機にカメラが内蔵されていることで、誰かに撮影を依頼する必要がないので撮影効率も上がるかもしれませんね。

私は以前テレビ番組のドッキリで自動販売機で写真が撮れるという内容を見かけたことがありますが、まさかそれが現実になるとは驚きです。

・「Lアラート」にも対応
21213_wjarofhpumこれは元々「公共情報コモンズ」と呼ばれていましたが、より国民にわかりやすい名称に変更するということで2年前から「Lアラート」と呼ばれるようになりました。
Lアラートとは、震災情報・津波情報のように緊急性の高い災害情報や地域住民の安心・安全に関わる公的情報を迅速かつ正確に伝えることを目的とした災害情報共有システムです。
地方自治体、ライフライン関連事業者など公的な情報を発信する「情報発信者」と、放送事業者、新聞社、通信事業者などその情報を住民に伝える「情報伝達者」により、効率的な情報伝達が実現されています。

これがスマートベンダーに搭載されることで私達は外出中に避難勧告や指示をいち早く確認でき、身の安全が確保できるのです。

このように、スマートベンダーは全ての方に向けて多くの工夫が施されている画期的な機械です。東京オリンピック・パラリンピックの時期には全国に設置され、街がより活気付いているかもしれませんね。

▼参考リンク
スマートベンダー
Lアラート

PageTopへ