%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

画面を見るのはもう時代遅れ!? 車内のお手軽AI『Dashbot』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年12月06日]

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81近年急速に発達し、日に日に存在感を増しているAI。近頃はAIを用いた便利なサービスやデバイスが数多く開発されています。
そんな中で今回は、自動車のダッシュボードに設置するお手軽AIを紹介します。その名も『Dashbot』。このデバイスにはAmazon.comのAIアシスタント「Alexa」が搭載されており、なんとスマートフォンに一切触れることなく様々な機能を使用することができるのです。

ダッシュボードに設置してスマホと無線接続するだけ

null
Dashbotのセットアップは非常に簡単です。まず、粘着性の土台を介してダッシュボードに設置します。この土台は取り外しが可能なのでどんなダッシュボードにも対応できます。次にシガーソケットから電源を取り、AUXジャック又はFMトランスミッターでカーオーディオと接続します。
この状態で、DashbotのアプリをインストールしたスマートフォンとBluetoothによって接続すれば準備完了です。
一度セットアップすれば次からは乗車するたびに自動に接続され、指示を出すだけで機能を利用できるのでとても便利です。
実際にDashbotを使用する際には「Dashbot,」と呼んでから用件を伝えます。音楽を流したい際には「Play ~」、メッセージを送りたい際には「Message ~」とメインの用件を先に言うようにしてください。

豊富な機能が手を使わずに楽しめる!

・様々な質問に即座に回答
Dashbotに質問すると、インターネットで検索し、回答してくれます。例えば「David Hasselhoffって誰?」と質問すると「David Michael Hasselhoffは1952年7月17日に生まれ、ニックネームは The Hoff であるアメリカの俳優で~」と詳しく返答してくれるのです。1つの質問に対してここまで詳しい情報を提供してくれることには驚きですね。
その他にも現在地から世界各地までの距離や所要時間、天気なども答えてくれます。

・好きな音楽を再生しよう
Dashbotに流して欲しい曲名を伝えると、自身のプレイリストだけでなくインターネット上の音声データファイルから探して再生してくれます。
また、曲だけでなく雨の音なども流してくれるので特定の音を聞いてリフレッシュやリラックスしたい際に利用すると良いでしょう。

・マップ機能でもう迷わない!
null
Dashbotに目的地までの経路をたずねると、道案内してくれます。
具体的には、Googleマップの位置検索サービスを用いてターンバイターン方式で行き先を案内してくれるのです。
言葉で聞いた情報を頭で理解するよりも進むべき方向が矢印で表示されたほうが瞬時に判断しやすいので、このナビ機能は便利でしょう。
また、一目で理解できるので道路から視線をそらすことなく周囲に注意を払いながら運転でき、事故の防止にもなると思います。

・SNSも利用可能
Dashbotは、音声と文字を変換する最高峰のエンジンを使うことでショートメッセージを送ることも出来ます。
Dashbotに「Dashbot, Message~」という言葉に続けて送信相手と内容を告げるだけで送信可能なので、とても簡単です。
指示を伝え終わるとその後に送信内容をAIが読み上げ、「送りますか?」と再確認してくれます。その際、内容に誤りがないことを確認してOKを出せば自動的に送信されるという流れです。
一度確認するステップを踏むことで、送信前に画面でメッセージ内容を確かめなくても自信を持って送信できるのは安心ですね。
反対に、受信した場合はAIが送り主と内容を読み上げてくれます。それに対して返信も口頭でできるので通話しているような感覚でやりとりできるでしょう。
また、着信があると発信者を通知してくれます。もちろん、応対すると伝えれば通話も可能です。

他にも便利な機能や配慮がたくさん

Dashbotのアプリには全ての検索機能が集約されているのでアプリを移動する必要がないというのはこのデバイス一番の魅力です。
また、必要な情報だけを提示し不必要な情報は提供しないという機能により、運転中に不要な情報に惑わされることがないのも事故防止に貢献していると思います。
しかしこのデバイスのすごいところはそれだけではありません。Dashbotには、私達が不快感を覚えないように、という配慮が多数見受けられるのです。
中でも魅力的なのは、目に出来る限り負担をかけないような仕組みです。このデバイスには使用時間帯に合わせた自然減光機能がある上、反射の少ない赤いLEDライトが使用されており、夜でも目に優しい配慮がなされています。
その他にも私たちがより快適に使用するために、設定の幅が広くなっているのも特長です。例えば「DASHBOT」と言い飽きた人のために、 「COMPUTER」「CO-PILOT」に反応する設定に変えられたり、DASHBOTの声が嫌いな場合に他の音声に変更が可能であったりということです。これらにより自分の好みに合わせて使用できるのです。

このデバイスは完全に音声で指示できるのでハンドルから手を離す必要は一切なく、快適に利用できるような工夫も多く施されているので、1台に1つあると車内での過ごし方が大きく変わるでしょう。
出荷予定は2017年7月とまだ少し先ですが、49ドルという手の出しやすい価格での販売になるそうなので是非皆さん予約してみてはいかがでしょうか。

▼参考リンク
Dashbot

タグ:
PageTopへ