アイキャッチ画像

メガネ選びにディープラーニング? 似合うメガネを教えてくれるレコメンドサービス『JINS BRAIN』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年11月24日]

~メガネあるある~

メガネ屋さんにて、
「あ、このメガネかわいい!」と思い、かけてみる。
すると感じる、「あれ、なんか違う…」

かけたいメガネと似合うメガネが違う! といった経験、メガネを買ったことのある方なら皆さん、感じたことがあると思います。そんなメガネあるあるを、AI(人工知能)が解消してくれる時代が来てしまいました…! もしも似合うメガネに出会えたのなら、はじめにかけたい! と思っていたメガネよりももっと、かけたときうれしい気持ちになれるはず。

これを実現するのは『JINS BRAIN』。さて、どのようなサービスなのでしょうか。

『JINS BRAIN』は何がスゴイ?

株式会社ジェイアイエヌは2016年11月11日、アイウェア業界では初となる試みを開始しました。それは、人工知能を用いたメガネ提供サービスです。JINSで働くスタッフ3,000名が、メガネをかけている男女のデータ6万件を、「メガネが似合っている・似合っていない」の基準で評価。その集計結果を、人工知能に機械学習(ディープラーニング)させました。そして、このメガネに精通した人工知能を『JINS BRAIN』と名付けました。これによって、メガネの似合い度合を人工知能が教えてくれる仕組みが整いました。

同社は、2016年3月にオンラインでもメガネの試着体験が出来る『JINS VIRTUAL-FIT』というサービスを発表しています。これに続く新サービスとして、今回『JINS BRAIN』が誕生しました。

『JINS BRAIN』はどうやって使う?

使い方はとっても簡単。自身の画像をアップロードした後、『JINS VIRTUAL-FIT』を用いて、バーチャルでのメガネ装着を行います。すると『JINS BRAIN』が、そのメガネの似合う似合わないを瞬時に判断してくれます。またサイトでは、自分オリジナルのAIを作ることも可能です。表示される写真に対して「メガネが似合っている・似合っていない」で評価をすることで作成でき、これを基準にメガネ選びをするといったことも楽しめます。

私はこの7月にJINSでメガネを購入したのですが、この『JINS BRAIN』を用いて購入していたら、違うメガネを買っていたように思われます。自分、友人や家族、店員さんに加えて人工知能までが、人間の意思決定に関わってくる時代…不思議な感じもしますが、その歩みは確実です。ぜひこの『JINS BRAIN』を使って、自分のすぐ隣に人工知能が来ていることを感じてみてはいかがでしょうか。

▼関連サイト
JINS BRAIN
JINS PR twitter

PageTopへ