%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97

確かに精度があがってきたかも!? 好みの「うまい棒」がわかる『AI活用味覚予測サービス』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年11月11日]

最先端ICTに取り組むNECがウェブサイト上でAIを用いた無料サービスを開始しました。これはなんと、AIが対象者の好みの「うまい棒」の味を予測するというサービスです。15種類のうまい棒の中から自分にぴったりの味を教えてもらえます。
%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97

うまい、うますぎる……歴史ある駄菓子「うまい棒」

うまい棒は1979年に 株式会社 やおきん によって発売を開始された歴史ある駄菓子です。1本10円という安さから、みなさんも幼い時から馴染みがあるのではないでしょうか。あの手軽さと軽い食感にやみつきになった人も多いことでしょう。
現在、うまい棒は定番のチーズやコーンポタージュ味以外に納豆や牛タンなどの一風代わった味も用意されています。1本20円のプレミアムうまい棒も入れると実に20種類のうまい棒を楽しめるのです。お菓子にするという発想のない味まで全て美味しく仕上がっているのがうまい棒のすごいところですね。

AI活用味覚予測サービスとは?

AI活用味覚予測サービスの仕組み

①AIがその味を好む人のペルソナを発見・学習する。
事前にAIが、大量のアンケート結果を基に、その味を好む人のライフスタイル・性格などの人物像を把握します。これは例えばピザ味が好きな人は何が好きでどんな性格なのか、というようにうまい棒の味ごとに行われています。

②ライフスタイルに関する質問から、回答者の好みの味や性格タイプを予測する。
これが今回のサービス内容となります。AIが発見したペルソナを基にライフスタイルに関する5つの質問を出題し、その回答結果から、回答者の好みの味や性格タイプを予測します。

③AIがより賢くなるために学習
もし予測が回答者にとっては微妙な結果だった場合、回答者の好みの味を教えてもらうことでAIがさらに学習を重ねていきます。

それでは「はじめる」ボタンを押してスタートです。
%e8%b3%aa%e5%95%8f
まず、二択の簡単な質問に答えます。質問数は5問なので迷わず選択していけば十数秒で終了するでしょう。
%e8%a8%ba%e6%96%ad%e4%b8%ad
回答後は15秒ほどの診断時間を待ちます。この際に15種類のうまい棒の写真が順に表示されます。写真はとても小さいですが、うまい棒のバリエーションの豊富さを実感できますね。
%e7%b5%90%e6%9e%9c
診断中の画面から切り替わると、そこには結果が載っています。
うまい棒の好みだけでなく自分の性格まで予測されていることには驚きです。また、「家で」「一人で」「みんなで」「仕事中に」といったシチュエーションごとにおすすめのフレーバーを教えてもらえます。一度はこのおすすめ通りにうまい棒を食べてみたいですね。
%e5%ad%a6%e7%bf%92
診断結果がもし自分の好みと異なっていたら、代わりに自分の好みを送信することが出来ます。これによりAIが学習し、より多くのデータを基により正確な分析が可能になっていくのです。今後の診断の正確性向上のために、是非アンケートに答えてくださいね。

私はサービス開始後1週間程度を経過してからこのサービスを使ってみたのですが、見事好みの味も性格も言い当てられました。まるでうまい棒に性格を見透かされているかのようにも感じます(笑)。AIの学習が進めばますます精度はあがっていきますので皆さんもぜひ一度診断してみてください。

AIが的確に味覚予測可能になれば、レストランで自分の好みと完璧に一致した料理を提供してもらえるようにもなるかもしれませんね。今後の活用に期待です。

▼参考リンク
AI活用味覚予測サービス
やおきんドットコム
NEC

タグ:
PageTopへ