d22190-1-402253-6

「家に帰りたい」を叶えられる! 高齢者向け4DVR体験サービス『おもいで眼鏡』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年11月02日]

VRではHMDやヘッドセットをつけることで、まったく別の空間にいるような没入感を得ることができます。最近のVRは、デバイスの普及に伴いゲームだけでなく、それを活かした専用コンテンツなどがリリースされ始めています。株式会社Froritからは、高齢者向け3D-360度動画撮影・4DVR体験サービス『おもいで眼鏡』の提供が開始されました。

もう一度行きたい思い出の場所へ

高齢化の進んだ日本では入院や老人ホームへの入居などで、外出や家に帰ることが困難な高齢者の方が多くいます。そんな方の「家に帰りたい」「孫の結婚式に参加したい」といった願いもVR技術を使うことで解決できるようになりました。それぞれの願いや思い出をより忠実に再現することができます。

d22190-1-402253-6

『おもいで眼鏡』では360度3Dを特殊カメラで撮影。撮影から編集、体験までをワンストップで行います。まずはご家族の方や、本人からの希望をヒアリングし見積もりを行います。価格については撮影場所や撮影方法によって異なるため、個別での見積もりとなるようです。その後、希望場所にてスタッフが特殊カメラで360度3Dの動画を撮影します。撮影した動画は360度3Dで体験できるように編集されます。

動画を体験するときはVR体験に加え、それぞれの場所で感じることのできる匂いや風などの視覚以外のものも+アルファで体験できる4DVRとなっています。また、オプションでスマホ用コンテンツとスマホ用VRグラスが提供されるので何度でも繰り返し体験することが可能です。

大好きなおじいちゃんやおばあちゃんへのプレゼントとしても良さそうですね。

VRで社会貢献

さらにFroritでは社会貢献として、闘病中の子供たちをVR技術で笑顔にする取り組みを行っています。その一環として『おもいで眼鏡』の売り上げの一部から、闘病中の子供たちにVRでのヘリコプター搭乗体験などのコンテンツを無償で提供しています(12歳以下には3Dではなく2Dで提供予定)。当面は大阪、兵庫、京都の病院などで月1回程度行われるようです。

d22190-1-120036-9

こういった体験は子供たちにとってとても楽しい時間になると思います。今後はこのようなVR技術を使って社会貢献ができるようなコンテンツも増えていくのではないでしょうか。

▼関連リンク
株式会社Frorit

タグ:
PageTopへ