003

【TGS2016】『中年騎士ヤスヒロ』『光の使徒』ポラリスエックス、海外アプリのローカライズに意欲的

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年10月03日]

005
2016年9月15日~18日の4日間にかけて開催された東京ゲームショウ2016(TGS2016)。今年もインディーゲームブースでは、世界中からインディ開発者が集まり、多種多様なゲームが展示されていました。本記事ではAPPREVIEW編集部でも何度か取り上げている、『中年騎士ヤスヒロ』などのポラリスエックスブースの様子をレポートします。

▼関連記事
ポラリスエックス新作! ICOのような世界観が魅力的なアプリ『光の使徒』
中年騎士ヤスヒロ 記事一覧
ポラリスエックス 記事一覧

海外勢が多いからこそ、既存ローカライズ作の展示に意味がある

006 002
気さくな美人コンパニオンが出迎えてくれるポラリスエックスブース。展示されていたのは、既にリリースされている『中年騎士ヤスヒロ』と『光の使徒』。PC画面では2つのアプリのプロモーションビデオが交互に流れていました。

『中年騎士ヤスヒロ』はポラリスエックス代表取締役・住田康洋氏が韓国で一目惚れしたアプリ、『光の使徒』は韓国・ソウルで開催された「Google Indie Games Festival」入賞作を日本語ローカライズしたものです。

インディーゲームブースでは韓国に限らず、様々な国の開発者が出展しています。住田氏にとっては既存作の展示だけにとどまらず、ビジネスの場としても有効活用できたのではないでしょうか。ポラリスエックスはベタ移植(ベタローカライズ)ではなく、日本人が遊びやすいように日本ナイズしてくれるので、今後のローカライズ作品にも期待できますよね!

SNS投稿でチロルチョコが貰える!


宣伝の一環として、『中年騎士ヤスヒロ』の看板を持って写真撮影し、それをTwitterやFacebookなどのSNSにシェアすると、1日100個限定でオリジナルチロルチョコが貰えるキャンペーンが行われていました。もちろん例のコスプレ用自作ヤスヒロ兜も用意されていました! 顔出しNGの私は迷わず被ることを選択。ポラリスエックスブースのスタッフさんに撮影していただき、Twitterにシェアしました。

008
調子にのって「あは~ん♡」とグラビアポーズにも挑戦してみたのですが、私がやるとお手洗いを我慢している人みたいにしかなりませんでした……(笑)せっかくスタッフさんもノリノリで「ローアングル狙います!」と言ってくださったのに、本当に残念な感じで……精進したいと思います!(笑)

007
SNSにシェア完了したあと、チロルチョコをいただきました。アイコンイラストverとゲーム中のドット絵verの2種類です。ご馳走様でした。

余談ですがこちらのチョコをくださったのは、ヤスヒロインタビューで登場した「住田氏が大の苦手とするイニシャルGを格好よく片付けてくれた」方でした!

おまけ:住田さぁん、なにやってんスか(笑)

004
さてこちらは完全なるおまけです。私が取材に伺った初日午前中は比較的ブースが空いていたこともあって、住田さんのお遊びが突然大暴走。インディーゲームブースの傍に休憩所があったのですが、そちらにコンパニオンのお姉さんを連れ出し、グラビアよろしくローアングル撮影会をはじめたのです!

上の写真は、(1)がヤスヒロコスのコンパニオンさん、(2)がコンパニオンさんをローアングル撮影をする住田氏、(3)がその様子を撮影する坂本氏、そして私(ともう1人住田氏の知人)がその様子を撮影したところです。「なにやってんスか!(笑)」とツッコミをいれましたが、これも宣伝の一環。住田氏のFacebookにばっちり掲載されていました。住田氏の芸人としての本領が発揮された瞬間でした……(笑)

次回作(のギャグ)にも期待大ですね☆

▼関連リンク
株式会社POLARIS-X(ポラリスエックス)
東京ゲームショウ2016
幕張メッセ

PageTopへ