trailer_frames_1966

DTMはVTMへ!? VR音楽スタジオ『The Music Room』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年9月30日]

 近頃の話題として最も注目されているVRですが、今回はVR技術を活用した楽器の演奏から音楽制作まで行える、いわばバーチャル音楽スタジオのような「The Music Room」を紹介しましょう。文:内藤 朗(有限会社FOMIS)

The Music Roomとは?

 The Music Roomは、仮想現実空間で演奏できる様々な楽器のコレクションで、MIDIキーボードコントローラとは異なる専用のコントローラを使用して、バーチャル空間にセットされたドラムを始め様々な楽器を演奏することができます。

trailer_frames_0878

実際のメーカー製品のドラムサウンドが再生されるため、図のようにリアルなドラムセットをあたかも演奏しているような臨場感や演奏感が体験できる

 これらバーチャル楽器であるドラム、レーザーハープ、独自のコードハープなどの演奏は全て、MIDI、MPEに対応したバンドルされている8トラックのオーディオ・ワークステーション『Bitwig』と統合されており、簡単にループ演奏、バーチャル楽器のレコーディング、プリセットの選択やクリップの立ち上げなどを行えます。

trailer_frames_1460

レーザーハープの演奏例。テルミンのようなサウンドをポリフォニックで演奏するようなイメージだ


trailer_frames_1689

ストラムやコードを演奏する本製品独自のインストゥルメント“コードハープ”

 中でもバーチャルドラムはPearl、Ludwig、Sabian、Zildjian、DW、Gretschといったメーカーのドラム、シンバルサウンドが再生されるため、表情豊かな演奏表現を自然にプレイできる魅力を持っているようです。ドラムをはじめとするこれらの楽器は、物理的な制約のある従来の複雑な電子楽器やアコースティック楽器とは異なり、心の中の演奏性を考慮した設計となっていると共に、Roli Seaboard Riseなどでも既に採用されている新しいMIDIの規格となるMPE(Multidimensional Polyphonic Expression)に対応しており、ピッチ、アフタータッチによる音量、音色、ノートオン・オフをノート毎に3次元以上連続してコントロールできるのも大きな特徴です。
 さらにThe Music Roomでは、Cherry BarやBAKEHOUSEといったライブハウスやスタジオであたかも演奏しているような臨場感を得られる演奏スペース自体の演出も行われますので、これによって今までにない画期的な創造性がもたらされ、クリエイティビティの自由度を大きく拡張することが可能となります。

音楽制作にも活用可能な拡張性

 The Music Roomは、基本的にはMIDIコントローラとしてVSTプラグインのサンプラーなどを装備した任意のDAWをコントロール可能で、制御することができます。
 DAWを持っていない場合でも前述のように低いレイテンシーと高いパフォーマンス性能が得られる8トラック仕様のBitwigがバンドルされていますので、それを使っての作業が可能です。※バンドルされているBitwigは、Mac、Windows、Linuxで使用可能。

trailer_frames_1966

バンドルされている8トラック仕様のBitwigで、バックでループのオケを流しながらの演奏やバーチャル楽器の演奏の録音など制作にも活用可能

 また、将来的にはMacBookで起動しているシンセ音源とVR部分を担当するWindowsコンピュータというように異なるコンピュータでそれぞれの部分を動かす、といったようなオーディオホストから分離してThe Music Roomが動作できるようにする計画があるようです。同様に現在システムで用意されているMIDIトリガープラグインは、VSTフォーマットのみの対応ですが、AUやAAXなどできる限り多くのフォーマットへの対応や、ハブアプリケーションについてMac版、Linux版のリリースの意向もあるようです。

The Music Roomの動作環境について

 気になる動作環境ですが、The Music Roomを使用するには、VRヘッドセットが必要で、現状ではWindows上で実行されているHTC Viveをサポートしますが、こちらについても将来的にHTCに対応したMac版、Linux版のリリースが予定されています。

the_music_room5

HTC Viveのヘッドセットギア


the_music_room6

さらにコントローラも演奏に使用する

 なお、The Music Roomは、Oculus RiftとTouch、PlayStation VRがローンチした段階でそれらをサポートしたいとしています。
 その他コンピュータ周りの性能としては以下のようなスペックが必要です。

  1. OS:Windows 7 SP1 あるいはそれ以上
  2. GPU:NVIDIA GeForce GTX 970 / AMD Radeon R9 290 同等、あるいはそれ以上
  3. CPU:Intel i5-4590 / AMD FX 8350 同等、あるいはそれ以上
  4. RAM:4GB以上
  5. Video Output:HDMI 1.4 or DisplayPort 1.2 あるいはそれ以上
  6. USB Port:USB 2.0 あるいはそれ以上のポートを1ポート
  7. Headset:HTC Vive

▼参考リンク
The Music Room: Unique Instruments, Inspiring Spaces in VR

PageTopへ