imagehp1

VRで過去へと没入! 東京国立博物館でVR鑑賞『仁清が作った茶壺』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年9月12日]

imagehp1vr
初めて京都に修学旅行に行き、好きな仏像を目の前にした時の感動は今でも忘れられません。このように、まだ残っているものであれば出会えるチャンスがあります。しかし、歴史的に重要文化財でありながら、劣化が進んでいるものや、普段は立ち入ることのできない建築物も中にはあります。VRならそれらに近づくことができるのです。

茶壺を中から見てみる

上野にある東京国立博物館のミュージアムシアターでは2016年9月7日から25日まで、VR作品『仁清が作った茶壺』を上演しています。

野々村仁清は江戸時代初期に活躍した色絵陶磁器職人で、彼が作った多くの壺は重要文化財に指定されています。

このVR上映ではHMD(ヘッドマウンドディスプレイ)を装着すると、公開されていない茶室「六窓庵」に配置されている仁清の代表作「色絵月梅図茶壺」を360度で鑑賞することができます。茶壺の中から見上げるイメージでも鑑賞でき、新たな視点で茶壺を楽しめます。丸みを帯びた壺に細かく描かれた紅梅や、本物であっても覗くことができない中のイメージを再現していて、表側の印象とはまた違った壺の表情が確認できます。

imagehp2vr

「六窓庵」内の茶壺(左)茶壺の中からのイメージ(右)どちらもHMD装着で鑑賞

VRという手法を使えば、13歳以上の人なら誰でも日本の歴史や芸術に触れることができます。ナビゲーターの解説とVRによって難しい芸術の解釈の垣根がなくなったようにも感じます。過去にもこのミュージアムシアターでは「よみがえる江戸城」「三蔵法師の十一面観音」などが上演されました。

VRで写実&可視化

東京博物館のミュージアムシアターは凸版印刷株式会社とともに、300インチの大スクリーンとHMDによりバーチャルリアリティにという文化財の新しい鑑賞手法を実現しています。

トッパンVRの特徴は独自のリアルタイム・レンダリング・エンジンを使用して、霧などの空気感、作品に欠かせない光沢感などの写実性がこだわりです。
そして、文化財の調査や資料から、過去のものや変化してしまったものを当時の姿で可視化し、全国のトッパンVRシアターで上映しています。

▼参考リンク
TNM & TOPPAN ミュージアムシアター
トッパンVR・デジタル・アーカイブ

タグ:
PageTopへ