アイキャッチ画像

AEDの使用法がARで見られる! AED認知用オリジナルキーホルダーとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年9月08日]

スターティア株式会社が、ARリーダーをかざすことでAEDの使い方を見ることが出来るオリジナルキーホルダーの提供を開始した。

AEDにおける問題

全国的に普及しつつあるAED(Automated External Defibrillator:心停止が起こった際に心電図の解析を、その後、不整脈を感知した際にはその応急処置までを行う機器)であるが、使用法や設置場所を認知させることが難しいという声が、しばしば挙がっていた。その声を拾って出来上がったのが、今回のオリジナルキーホルダーである。

どんなキーホルダー?

こちらのキーホルダーは、スターティア株式会社からAEDを購入した企業へ無料提供される。同社子会社のスターティアラボ株式会社より配信中の、ARリーダー『COCOAR2』をキーホルダーにかざすことで、動画を確認することが出来る。こちらはAEDの外カバーにつけることが出来るため、社員の興味や注意を惹き、実際にAEDに触れてもらう機会を増やすことで、AEDの設置場所を覚えてもらいたいという同社の狙いもある。

↓『COCOAR2』はコチラ↓

スターティア株式会社のAED

l同社AED(正式名称:自動体外式除細動器 レスキューハート 「HDF-3500」)は、約1.1kgのコンパクトタイプ。音声やLEDを用いた光の誘導により、騒がしい場所や暗い場所でも安全に操作出来る。価格は5年リース月額4,500円、購入23万6,800円(税抜き)。

どこで自分がAEDを使うことになるかわからない。『COCOAR2』をダウンロードしておき、来たるその時に備えることで、誰かを救えるかもしれない。

▼関連サイト
スターティア株式会社プレスリリース
スターティア株式会社
スターティアラボ株式会社

PageTopへ