初回盤特典のサウンドトラック。入間川サウンドがたっぷり堪能できる。

『世界一長い5分間』発売記念SYUPRO-DXロングインタビュー~音楽編~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年9月07日]

SYUPRO-DXの音楽を一手に担うバンドマン・入間川幸成氏

SYUPRO-DXの音楽を一手に担うバンドマン・入間川幸成氏

前回の記事では、SYUPRO-DXの皆さんに『世界一長い5分間』の制作全体についてお話を伺いました。本記事はSYUPRO-DX作品に欠かせない「入間川サウンド」について、主に入間川幸成氏に語っていただきます。(※本インタビューは2016年7月28日(金)に行われました。ゲーム・特典についてのネタバレを含みます。)

▼関連記事
SYUPRO-DX最新作PS Vita用ソフト『世界一長い5分間』初回限定版開封の儀!
『世界一長い5分間』発売記念SYUPRO-DXロングインタビュー~本編~

SYUPRO-DX インタビュー
無料ゲーム総合1位獲得記念『彼女は最後にそう言った』SYUPRO-DX 横田純氏インタビュー
ゲーム音楽で人の心を動かすバンドマン ~ SYUPRO-DX 入間川幸成氏インタビュー
ドブネズミ~四天王の1年半でストアが激変!「お金儲けが苦手」SYUPRO-DXが語る個人開発の今

SYUPRO-DXのアプリ
2015年 5月リリース 『彼女は最後にそう言った』(以下、彼女は最後に)
2014年12月リリース 『奴は四天王の中で最も金持ち』(以下、四天王)
2013年 5月リリース 『あなたってよく見るとドブネズミみたいな顔してるわね』(以下、ドブネズミ)

SYUPRO-DX 記事一覧

特典サウンドトラックには厳選80曲収録

初回盤特典のサウンドトラック。入間川サウンドがたっぷり堪能できる。

初回盤特典のサウンドトラック。入間川サウンドがたっぷり堪能できる。

──アプリとコンシューマ機で、制作環境の変化や工夫したことなどはありますか?
入間川 技術的な部分での違いはありません。いつも通りに作りました。ただ音源は追加しました。
 『世界一長い5分間』は草原や港町、雪山……いろんな場所に移動する長編RPGなので、舞台ごとに雰囲気ががらっと変わってしまうんです。民族音楽の要素を入れたかったので、BEST SERVICEの民族楽器音源「Ethno World 5 Professional & Voice」(ダウンロード版税込46,796円)を足してます。

浜中 その音源はどこから足してもらったものですか?(笑)

入間川 SYUPRO-DXからの支給です(笑)「浜中く~ん、音源ほしいな~」っておねだりしちゃいました。「結構値段するんだけど、足したいな~」と。自分で買うと結構な額になってしまいますので……。

横田 完全におねだりだね(笑)

入間川 その分いいものに仕上がったと自負しています。

──プレイヤーにとって『世界一長い5分間』に使われたBGMは長く心に残るものだと思います
入間川 そうであってほしいですね。心のどこかに残ってほしい、時々思い出してほしい。そういう野心は抱えて作っていました。

──全部で何曲書き下ろされたのですか?
入間川 約80曲です。実際には何曲か使われないものもありました。

──初回限定版には2枚組合計80曲収録の、『世界一長い5分間』&SYUPRO-DX歴代タイトルサウンドトラックが付属していますが……

横田 DISC01に『世界一長い5分間』から41曲、DISC02にSYUPRO-DXの過去作(アプリ)から39曲。実は40曲未収録なんですよ。コンプリートボックスではない(笑)

入間川 ちょうど半分ぐらい抜けてるんですよね。ですので、サントラについて告知し始めた段階から一貫して「厳選」という前向きな言い方をしてます(笑)僕としては「3枚組にならないかな」と思いながらリスト作ったのですが、CD1枚には74分までしか入らないので2枚組でもギリギリですね。削除する曲を選んでいるときに1度だけ菅沼Pに「3枚組はダメですかね」と言ってみたことがあるんです。そしたら真顔で「ちがいます。2枚組です」って(笑)

──それはとても残念です。厳選作業は入間川さん1人でされたんですか? それとも3人集まってですか?
入間川 最初に僕がリストを作って、それを2人に投げてチェックしてもらいました。最初のリストとは大幅には変わってないけど、ちょっとだけやりとりしたよね? 「それ外すのかよ」とか……。

横田 したした。

入間川 「この曲in、この曲out」という意見を貰いつつ、最終的に3人の意見があわさったリストを日本一さんに送って、サントラCDをプレスしてもらいました。

──80曲ってかなりすごい量だと思うのですが、いかがでしたか?
入間川 多かったですね……腰痛が酷くて大変でした。作曲するときは、つい姿勢が悪くなってしまうので(変なポーズを実演)

横田 それは良くないよ。

──30代で腰をやると大変ですよ……姿勢正して、ちゃんとしたところで寝ないと

浜中 寝袋ダメ? じゃあ、布団を買いましょう。

入間川 布団も支給されちゃう? それはそれで嬉しいけど(笑)

──どのくらいのペースで作曲していったんですか?
入間川 わりと急ぎでした。サウンドだけに携われる時間というのが序盤に与えられたんですけど、最大で1ヶ月20曲ぐらい。先に楽曲のメインとなる部分をバーってかいて、後から気になるところを調整していくので20曲すべて完品というわけではないんですが、そのくらいのペースで作曲しました。
 作業自体はとても楽しかったです。民族音楽に限らず自分の中のあらゆる引き出しをひきだしたり、あらゆる先達たちの偉業を聞いたり……家中にあるゲームCDを漁りました。

──作曲するにあたって日本一さん側から指定はありましたか?
入間川 特にありませんでした。基本的に全部の曲でOKが出てたんですけど、通常戦闘曲だけリテイクがありました。
 最初はわりとシリアスな戦闘曲として書いたんです。すると「もうちょっとさわやかでゆかいなバトルをイメージしてください」と。日本一さんがデザインしてくださった敵キャラのグラフィック、かわいいですよね。それに合うような形で「キャッチーでポップな雰囲気になりませんか?」と。わかりました、と作り直したのですが、それも「まだ、違うんです」と言われてしまいました。「でも、敵だぜ!? 剣で斬りかかんだぜ!?」と当時は思ってたんですけど、結局いまの形に落ち着いてよかったと今では思えます。他人の意見を聞くのはとても大事ですね。
 開発中は、敵キャラの名前がなかったんです。完成版の敵キャラの名前のゆるさを踏まえるとなおさらよかったなって。

「Memories」はぴったり5分間

──オススメの曲を教えてください
横田 せっかくだからサントラに入ってるやつにしよう。

入間川 サントラに入ってるやつなら……あんまり僕、曲名を覚えてないんですよ(笑)もともとファイル名を「battle01」とかにしていまして、特典をつくるときにそのファイル名のままリスト化したら、菅沼Pから「やる気あんのか」と叱られました。

全員 爆笑

入間川 ちなみに僕はトラック40の「桟橋と老人」が好きです。

浜中 「桟橋と老人」、いい曲だよね。

入間川 曲がかかるシーンが大好きなんです。作曲して2人に聞いてもらったときに、「入間川、お前このシーン大好きだろ」と横田に言われました。どうやら、そのシーンへの僕の思い入れがダダ漏れになってるらしいです……。
 あとはトラック41(最終トラック)の「Memories」も好きです。これは「思い出」がテーマの曲です。是非聞いてほしいですね。特典CD上ではちょうど5分間になってるはずです。リストが確定してこれで(マスターCDを)焼きますねというサンプルがきたとき、「Memories」がなぜか4分58秒になってたんですよ。

浜中 菅沼Pに「ちょうど5分にしてくださいって言ったじゃないですか」と文句を言いました(笑)

(※編注:5分ぴったりになっていました)

──タイトルだけならトラック19の「ゆけむり温泉潜入ミッション」のインパクトが……
横田 それが、例のレーティング(CERO)が上がってしまったシーンの曲です!

入間川 それを書き上げたとき、浜中が「サイコー」って言ってくれたよね。

横田 曲が、でしょ(笑)

浜中 その曲も、SYUPRO-DXから支給したプラグインを使ったヤツだよね(笑)

入間川 スケベな曲になってます。

全員 (笑)

入間川 打楽器がずっと鳴ってるし、民族楽器のポコポコした音も鳴ってるし、民族コーラスのようなボイス素材も使ってます。

オモイデクエスト用BGM

──「あなただけの思い出テーマキャンペーン」では、毎週抽選で作られた思い出にあわせて作曲をされていましたね。なにか印象深いことはありましたか?

入間川 みなさんキテレツな思い出をツイートしてくれるので、笑っちゃうのが楽しかったです。一方でたぶん、ストーリーとして成立するような、わりと綺麗な思い出にあたるまで何度もプレイしてくれた方もいました。そのツイートを見ると「シーンに合わせて自由に曲を作ってごらん」みたいな、子供のころ学校の音楽の時間に先生から出される無茶ぶりを思い出して、作曲の原点に立ち返れたような懐かしい気持ちになりました。「これ売れっかなぁ?」なんて商業主義的なことを考えながら作るのではなく、原体験に近い体験をさせていただきました。

横田 そんなことを7週間もやってたの?

──曲作るのはやいなあと思いながら見ていました

入間川 ええ、(作業の)手は早い方です。

横田 彼は早いですね。

──SYUPRO-DXのみなさん、作業が早いんですよ。キャンペーン応募総数はどのくらいでしたか?

入間川 まったく数えてないです(笑)でも週に1回ツイートにあわせて僕が曲を書いていくっていうのは、途中で(ツイートされる)ネタがなくなるんじゃないかと不安になるときもありました……。

──かなり大変な作業だったのではないでしょうか?

入間川 それは大丈夫です!(きっぱり)

横田 それは大丈夫だったんだ(笑)すごいね、7週間、週に1回曲を作ってるのに(笑)ちなみに応募自体は……コンビニで700円以上買うとひけるくじ1箱分くらいはあったと思います。

世界一長い5分間 オモイデクエストBGM集

※編注:公式サイト、ニコニコ動画、日本一チャンネル(YouTube)などでオモイデクエストBGM集が公開されています。

ゲームのサウンドワークとバンドの楽曲は違う

──最後に入間川さんのバンドについて。「Riverside Creature(リバーサイドクリーチャー)」というバンドで活動をされていますね。SYUPRO-DXが有名になって、バンドのほうにファンが増えることはありましたか?
入間川 ほぼほぼないです。たぶん「ライブハウス」と「アプリのゲーム」の食いあわせが悪いんだと思ってます。ライブハウスって一般的には入りづらいですからね。それにアプリにはBGM(インストゥルメンタル)を提供してますが、ライブだと歌っちゃいますから。「オルァ!」とか言うし……。

横田 あ、そうなの?(笑)全然想像がつかない!

入間川 普通(のバンドマンのよう)に歌ってますよ。でもSYUPRO-DXファンはあくまで僕の曲をBGMとしてしか認識していないし、僕が普段は歌っているなんて思わないじゃないですか(笑)バンドやってるんだ、と思って見にきたらたぶんゲームミュージックとはイメージが違うなぁ……と思われるのではないでしょうか。

──サントラDISC02のトラック01(僕はパイルドライバー)にはボイスが入っていますよね?
横田 それは僕の声です!

入間川 「夢をありがと~」ってやつでしょう。素材として大事に僕が抱えてるんで、ことあるごとに使っていこうかなって思ってます(笑)

横田 消してくれ!(笑)

▼関連リンク
SYUPRO-DX
世界一長い5分間|日本一ソフトウェア
入間川幸成(Twitter)
ズタぶくろ(blog)
Riverside Creature
ETHNO WORLD 5 PROFESSIONAL & VOICES

PageTopへ