img_109656_6

埼玉県行田市で姫とデート!? 本格ストーリーもの360°PR動画『姫と逃げろ!』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年8月29日]

2016年8月、埼玉県行田市広報広聴課は、行田市内にある遊歩道・サイクリングコースのプロモーションとして、VR360°動画『姫と逃げろ!』を公開しました。
同市は2015年に世界最大の「田んぼアート」としてギネス世界記録に認定された田んぼを持っています。今回公開された動画は、田んぼアートのPR動画『ドローン宇宙人がお祝いに来た!ギネス世界記録認定田んぼアート』の第二弾となっており、新しくVRが取り入れられました。
本格ストーリーもののVR動画の制作は、自治体初の試みということです。

行田市ってどんなところ?

null行田市は1949年5月3日に誕生した市で、埼玉県名発祥の地です。これは行田市にある埼玉(さきたま)という地名が由来だと言われています。埼玉には全国でも有数の規模を誇る「さきたま古墳群」が存在します。ここには9つの大型古墳がありますが、その中でも国宝「金錯銘鉄剣」が出土した稲荷山古墳は一度見たいと思っている方も多いのではないでしょうか。2時間ほどで巡ることができるので是非この地を歩いて歴史を感じてみてください。
また、行田市では“天然記念物”に指定されている行田蓮(古代蓮)も見ることができます。古代蓮の里公園では6月下旬から8月上旬に美しい花蓮を見ることができます。
このように行田市は自然と歴史が息づく街なのです。

甲斐姫との一泊二日の逃走デート!

img_109656_2
映画「のぼうの城」のモデルにもなった「忍城」を中心に、行田市の観光PRを行う「忍城おもてなし甲冑隊」。彼らに案内してもらっている“とある客人”を、突然忍者が襲撃します。そしてやむを得ず、甲冑隊が応戦している隙に客人は甲斐姫と逃げ出すのです。
img_109656_3
そこから甲斐姫との一泊二日の逃走デートは始まります。2日間で、甲斐姫に遊歩道を案内してもらった後に野宿し、サイクリングで甲冑隊に合流するという流れです。この一連のストーリーを皆さんは客人目線で楽しむことができるのです。
最近完成したばかりだという遊歩道は自然に囲まれており近くに川も流れているのでリラックスすることができるでしょう。遠くに稲荷山古墳が見える時は、姫がガイドさんのように説明してくれますよ。
ストーリーの中に市のPRが組み込まれているので、とても印象的で記憶に焼きつくのではないでしょうか。

動画に隠された謎を探せ!

本動画には1つの謎が隠されています。なんと冒頭の殺陣のシーンに、「仲間」がわずかに映り込んでいるのです。エンディングで明かされるその謎を、皆さんは解くことができるでしょうか?
img_109656_6
動画の再生開始後40秒前後の映像を注意深く見てみてください。遠くに何かが見えてくることでしょう。この謎が解けたとき、きっと今回の動画と田んぼアートのPR動画とのつながりが見えてくると思います。

この動画は日本語字幕に加えて英語字幕も挿入されているので外国の方でも楽しむことができます。
ストーリー性と謎がかけ合わさったとても面白い動画なので、是非皆さん第一弾と合わせてご視聴ください!

▼参考リンク
行田市

PageTopへ