3_-_Dolby_Atmos_Logo

大迫力音響でVRの没入感が倍増!? DolbyがLittlstarと協業へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年8月10日]

2640084_LS_Brand_Astroids-720x360
今回、音響技術で世界トップを走るDolby Laboratoriesが、様々なVRコンテンツや360度動画を配信するVRスタートアップ企業Littlstarとの協業を発表した。これにより、Dolbyの立体感のあるサウンドが、あらゆるVRヘッドマウントディスプレイで楽しめるようになる。

Dolbyの高性能音響でVRがさらに進化

今回の協業により、Dolby Laboratoriesは、立体音響技術「Dolby Atmos」をLittlstarのVRアプリに提供することなった。

Dolby Atmosとは、Dolbyオリジナルの立体音響技術。このシステムを採用することにより、ユーザーは、あらゆる方向から来る鮮明かつ豊かで、細やかな深みのあるサウンドを楽しむことが出来る。しかも、人や音楽、物が発するサウンドがユーザーの周囲の空間で動き回るため、まるで自分がアクションの中心にいるかのような体験が可能となっており、VRコンテンツの没入感を高める効果が期待されている。

最初に提供されるDolby Atmos採用のコンテンツは、ホラー360度動画「Paranormal Activity: The Ghost Dimension 360」、飛行機の歴史をたどるドキュメンタリー動画「Rapid Fire: A Brief History of Flight」、VRアニメーション「Bob’s Burgers 360—Dancin’」の3つが予定されている。

今回の協業に際し、LittlstarのCEOであるTony Mugavero氏は、「Littlstarはユーザーに最高のVR体験を提供すべく最先端を走ってきた企業だ。今回も、他の企業に先駆けて、Dolby Atmosを我々のグローバルVRネットワークに組み込むことで、世界最高のVR用立体音響を、スタジオやコンシューマーにいち早くお届けすることが出来る」と述べた。

これに対し、DolbyのE-mediaビジネスグループで、シニア・ヴァイス・プレジデントを務めるJohn Couling氏も「Dolbyは息を呑むような経験をメディアに提供するために努力してきた。LittlstarのアプリにDolby Atmosを導入することで、観客は新たな次元の音響と、より直感的なVR体験を楽しめるようになる」とコメントを残した。

ちなみに、対応するデバイスはWindows 10にサポートされたOculus RiftとHTC Vive、Galaxy+Gear VR、iOSもしくはAndroidのスマホ+Google Cardboardの4つとなっており、メジャーなHMDを持っていれば、どれでも体験できるようになっている。

Dolbyの世界最高の音響技術とVRが組み合わさると、どんな没入感溢れる体験が出来るようになるのか、期待してリリースを待とう。

●参考リンク
Dolby Laboratories and Littlstar Announce Next-Generation Linear VR Experiences in Dolby Atmos on Littlstar Service
Littlstar
Dolby laboratories

タグ:
PageTopへ