キャプチャ

どんな瞬間も逃さない! ウインクで撮影するカメラ『Blincam』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年8月12日]

日常生活にはたくさんのシャッターチャンスが存在するが、そのタイミングですぐさまスマホを取り出して、カメラを起動し、写真を撮影するのはなかなか難しい…。今回紹介するのは、そんな悩みを一気に解決できるウェアラブルカメラ、その名も「Blincam」だ。

手がふさがってても平気 「Blincam」でシャッターチャンスを逃さない

Blincamはメガネにつけるタイプのウェラブルカメラで、少し強めにウインクすることで、写真を撮影できるという機能を持っている。このウェアラブルカメラを使えば、子供が初めて立ったときや、犬に初めて触ったときなどの重要な瞬間を逃さずに撮影することが可能になる。

また、ハンズフリーでの撮影に対応しているので、料理など両手を使った作業中に簡単に撮影することはもちろん、サイクリングやトレッキングといったアクティビティ中にも、逐一その場で止まって、スマホをポケットから取り出すことなく風景を撮る事が可能だ。
キャプチャ

それに加えて、カメラを被写体に意識させないため、自然にあなたの視点から見た世界をありのままに写真として記録することが出来るというメリットもある。自分の過去の記憶をさかのぼるのに役立つだけでなく、他人の視点から世界を見ることも可能になり、自分からみた世界と他人から見た世界の違いも感じることが出来るはずだ。
キャプチャ
カメラの重さは25gと軽く、カラーリングも全部で5色と豊富だ。オシャレなライムグリーンからシックなボールドブラックまでシチュエーションやTPOに合わせて、使い分けることが可能となっている。
キャプチャ
ちなみに、撮影した写真はBluetooth経由でスマホにダウンロードし、Blincamアプリで見ることができる。Blincam本体と同時にリリースされる予定のこのアプリでは、右フリックで写真を残し、逆に左フリックすることで写真を捨てることができる。また、上にフリックすることで、ウェブ上に撮った写真をアップロードすることも可能になる予定だ。

Blincamはクラウドファンディングサービス「Makuake」で、クラウドファンディングを募集している。2016年8月5日現在、714人のサポーターと目標額の13倍に上る1億3000万円のファンディングに成功しているという人気ぶりだ。興味をもたれた方は、下のリンクをチェックされたし。

PageTopへ