フォーマット2のイメージ画像

VR市場の活性化に期待! 日本初のVR内動画広告サービス『VRize Ad』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年8月04日]

株式会社VRizeはVR内動画広告サービスの『VRize Ad』のクローズドβテストを開始しました。これからさらに普及していくであろうVR業界を支えるために最も大切ともいえるマネタイズの土台が固まることでよりよいVRコンテンツの登場が期待できます。

d20595-3-357183-1

マネタイズでVR市場を活性化

2016年はVR元年と言われていますが、実際にVRコンテンツを開発する企業はあまり増えていないといいます。これはVRコンテンツをマネタイズする方法が確立されていないためと考えられます。

『VRize Ad』によってVRマネタイズがうまくいけば、収益を得ることができ、コンテンツを作る会社が増え、結果としてVR市場が活性化することが期待できます。VRizeは広告による収益化ソリューションを提供することでVR市場のエコシステム構築に貢献したいとしています。

現在VRizeはクローズドβ版を導入してくれる企業を募集しています。クローズドβテストに参加してくれる企業は優先的に収益化の支援や機能の開発を行うそうです。

VRによる新しい情報広告

皆さんがよく目にするのはYouTubeを視聴するときに表示される広告や、アプリでの動画リワードなどがあると思います。しかし、VRでの広告ってどのようなものになるのでしょうか。

『VRize Ad』の広告フォーマットにはVR空間に最適化された3つのフォーマットが用意されています。
フォーマット1. 360°動画広告
フォーマット2. 体感150インチ以上の大画面動画広告
フォーマット3. 3DCG動画広告

フォーマット2のイメージ画像

フォーマット2のイメージ画像

このように今までの広告とは異なるフォーマットとなり、VRという特性を存分に活かした方法となります。
VRの特徴といえば、なんと言っても360°見渡すことのできる没入感だと思います。そのため360°動画広告や3DCG動画広告のようなものが可能になるようです。体感150インチ以上の大画面動画広告では映画館で予告編を見るような臨場感あふれるものになりそうです。

他にもユーザーの動きに合わせたインタラクティブな広告などができるとさらに広告効果が高まりそうに思います。現在はまだテスト中なので実際にリリースされたとき、VRコンテンツ製作者がどう受け止めるのかに注目です。

▼参考リンク
VRize Ad

PageTopへ