water

組み立てた積み木が妖精の遊び場に!? 新感覚ARゲーム『KOSKI』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年7月27日]

イギリスのstudio deFORMが木製の積み木とARを組み合わせた玩具「KOSKI」を開発しました。
KOSKIは自身が組み立てた積み木をARで見ると、画面の中で木が生えたり水が流れたりし、そこで妖精が遊ぶというものです。
私達の生活している世界とデジタルの世界が一緒になった、新しい非日常的な遊びを提供してくれることでしょう。

遊び方は簡単

KOSKIは磁石の入った積み木・積み木に貼り付ける色シール・専用の台・iPad用アプリで構成されています。遊び方は、積み木を組み立ててタブレットでアプリを起動するだけととても簡単です。
water
みなさんも小さいときに一度は積み木で遊んだことがあると思いますが、その際普通の積み木ですと少しバランスが崩れてしまったりぶつかってしまったりするとすぐに崩壊してしまったのではないでしょうか。しかしこの積み木には磁石が入っているので少しの力では崩れません。また、下に支えとなる積み木が無くても形を保つことができます。だから自分の作ってみたい形をより簡単に実現できるのです。
そして組み立てた積み木をタブレット(iPad)のカメラで捉えると、iPadが”魔法の鏡”に変わりその積み木が仮想世界となって妖精が遊び始めます。iPadの中に隠された世界を楽しんでみてくださいね。

色に応じて様々な仕掛けが!

ki
積み木に貼るシールにはオレンジ・水色・黄緑色など様々な色があります。シールを貼ると、そのシールの色によって積み木から木が生えてきたり水が出てきたりするのです。同じ色のシールでも生えてくる木が違うのも楽しめる点です。自分で考えて作った世界が実際に存在しているような体験ができるのはとても面白いと思います。シールの位置を工夫して自分だけの世界を創り出してみてください! 創造力も鍛えられるのではないでしょうか。
組み立て方を深く考えなくても磁石でどんどんくっつく積み木に、シールを貼っていくだけなので小さい子も簡単に遊ぶことができるでしょう。

ポケモンGOが世界各国で大ブームになっていることもあり、にわかに注目を集めるARですが、KOSKIが示したようにクラシカルな玩具にもまだまだ新しい楽しみ方があるようです。

▼参考リンク
KOSKI

PageTopへ