ss001

VRで驚愕の新感覚音楽体験『Björk Digital ―音楽のVR・18日間の実験』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年7月04日]

ss001
2016年6月29日(水)~7月18日(月・祝)の18日間にわたって、日本科学未来館にて「VR展示プロジェクト『Björk Digital ―音楽のVR・18日間の実験』」が開催されています。(7月5日、および12日は休館日)

本展示の主役であるビョーク・グズムンズドッティルは、アイスランドの女性歌手(アーティスト)です。ビョークは、表現者である彼女自身と私たち鑑賞者を、CDや既存のMV、ライブパフォーマンスによりさらに密接に繋げるためにVR技術を採用しました。海辺でたたずんで歌う様をノーカットで360度撮影した「Stonemilker VR」などがすでにYouTubeで公開されています。本展示では本邦初公開のVR採用MV「Not Get VR」を体験することができます。日本科学未来館のあるお台場では、ダイバーシティ内で「VR ZONE Project i Can」も開催されています。興味がある方は是非遊びに行ってみてください。

▼関連記事
VR 記事一覧

VRによる3つのMV鑑賞体験

Bjorkdigital_vr_01

©Santiago Felipe

VR技術を採用したMVは3種類用意されています。そのうち「Stonemilker」と「Mouthmantrar」はYouTubeで公開されています。上の写真のように、スマートフォンとGearVRを用いることで、非常に簡単に体験できるようになっています。

Stonemilker VR

Stonemilker1

©Andrew Thomas Huang

Stonemilkerは、2015年にニューヨーク近代美術館で初公開されたMVで、iOS用アプリとしても販売されました。海辺に佇んで歌うビョークの姿がノーカットでおさめられたMVです。歌うビョークを見つめ続けるもよし、あちこちを眺めるのもよし、鑑賞スタイルはとても自由です。鑑賞者が動かない限り、映像が大きく動くこともないので、VR初心者に最もオススメのMVでしょう。

björk: stonemilker (360 degree virtual reality)

Mouthmantrar VR

Mouth Mantra2

©Jesse Kanda

Mouthmantrarは、なんとビョークの口の中を撮影したMVです。すべてのパートを本物の口で撮影するのは難しかったので、一部人工の口内モデルが使われているそうですが、区別をつけるのは非常に難しいでしょう。人によっては一部ショッキングに感じられる映像が使用されていますので、鑑賞中に気分が悪くなった場合はすぐにVRゴーグルをはずし、係員の方に申し出るようにしてください。

björk: mouth mantra

Not Get VR

Notget1

©REWIND VR

そしてこちらが、本邦初公開のMV「Not Get VR」です。楽曲「Not Get」に合わせて、半透明の蛾の女性が鱗粉を撒きながらメタモルフォーゼ(変身)します。モチーフこそ「蛾」ですが、蛾そのものはMVに出てこないので苦手な方も安心してください。鱗粉の動きなどが「もののけ姫」の夜形態でいだらぼっちが昼形態シシ神に変化するさまを彷彿とさせました。

Bjorkdigital_vr_02

©Santiago Felipe

「Not Get VR」は、HTCのViveが用いられています。GearVRを利用した「Stonemilker VR」「Mouthmantrar VR」よりもさらに没入感がすさまじく、圧倒的な体験ができます。すぐ眼前でメタモルフォーゼが始まったので、思わずのけぞってしまったほどです。「Not Get」自体は6分強の楽曲なのですが、実際に体験すると驚くほど短く感じられました。

新しい形の「学び」を模索

Bjorkdigital_biophillia

©Santiago Felipe

VRMVのほかに音楽教育の新たな可能性を模索するアプリも展示されています。ビョークのアルバム「Biophilia」をもとに作られたこのアプリは、これまでの難しく退屈な音楽理論学習を、ゲームをプレイしながら自然と行い、身につけることができるように設計されています。英語のアプリですが、英語が読めなくとも直観的に操作できます。

Bjorkdigital_cinema

©Santiago Felipe

「Cinema」ではこれまでのビョークのMVセレクションが上映されています。厳選されたMVはすべてリマスターされており、音響は5.1chサラウンドで再現されています。

ビョークは表現者として、常に最新の技術を取り入れ続けています。ビョークやスタッフが2016年現在最も注目しているのが、「VR」です。VR技術とMVを融合させることにより、ライブ以上の一体感を私たちにもたらしてくれます。「Björk Digital ―音楽のVR・18日間の実験」はたった18日の期間限定特別展示ですが、なるべく多くの方に体験していただきたいと思います。前売り券をお持ちでない方も、まだ当日券を手に入れることは可能です。当日券の販売状況は公式Twitterにてお知らせされています。ご確認の上、ご来場ください。

▼関連リンク
Björk Digital ―音楽のVR・18日間の実験(日本科学未来館)
「Björk Digital」当日券情報(Twitter)

PageTopへ