eg_logo

VR酔い対策や脆弱性診断も『チームVRガーディアン』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年6月29日]

eg_logoSNSの目視監査、運用支援からアプリ・ゲーム業界のカスタマーサポートやデバッグサービスなど様々なネット関連業務を請け負う総合ネットセキュリティ企業イー・ガーディアンがVR業界に進出してきた。同社は、VR対策専門部隊「チームVRガーディアン」を発足し、これまで培ってきたノウハウをVRコンテンツに応用することで、VRが抱える様々な課題の解決に取り組んでいくとのことだ。

VR酔いをどう対処する? イー・ガーディアンの取り組み

ご存知の通り、VRではVR空間内の光景と実際の感覚の違いや映像の遅延から発生する酔い、いわゆるVR酔いが問題になってきた。チームVRガーディアンは、取り組みの第一弾としてそんなVR酔いに対処するサービスの提供を開始する。

チームVRガーディアンでは、スマホゲームのデバッグ業務にあたっているスタッフを中心に、ゲームのテストなどと同じようにVRコンテンツをモニターすることで、VR酔いのしやすさを測定していく。単純に酔いやすさを測定するだけでなく、テスター要員を性別や年齢、ゲームの経験年数などで分類し、酔いの症状を詳細に分析していく模様だ。これにより、VRコンテンツ企業はターゲット層にマッチしたコンテンツの作成が可能になるとのこと。

また、VR酔い対策だけではなく、将来的には、VRコンテンツの欠陥を探し出し取り除くデバッグサービス及び脆弱性診断などのセキュリティ対策サービスの提供や、ゲーム関連企業との提携も予定している。

VR酔いを防ぐ技術は数多く考案されているが、実用化に至っているものは未だない。イー・ガーディアンのVR酔い対策には一定の需要が見込めそうだ。

●参考リンク
イーガディアン 総合ネットセキュリティ企業イー・ガーディアン、VR対策専門部隊「チームVRガーディアン」発足!~VRコンテンツの“酔い対策”から脆弱性診断までトータルサポート~

PageTopへ