無題

VRで自分自身を超える! トップカーレーサーの挑戦とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年6月27日]

英国のモーターオイルメーカー・カストロールが、仮想現実(VR)を手がける英国の企業・REWIND社と協力して、Vulcanのデジタルバージョンとそのシミュレーションを作成しました。Vulcanとはもっともスパルタンで爽快なサーキット専用スーパーカーです。これにより、カーレーサーが「自分自身」と対決する動画が作成されました。

自分に勝てば最高記録を更新できる

カストロールは、自動車用エンジンオイル、オートバイ用オイル、船舶用潤滑油を製造しているBP(旧ブリティッシュペトロリアム)グループの会社です。

REWIND社は、ホームページのサービス欄にvirtual reality production(VR商品)を一番に挙げており、VRに力を入れていることがわかります。この会社は、VRをゲームや遊びだけでなく他の事にも活用できるという考えを持っています。今回の動画はその一環とも言えるでしょう。

Castrol EDGE

レーサーの中にはレース前のトレーニングとしてビデオゲームをプレイする人もいるそうです。つまり、現実で結果を残すためにシミュレーションと戦うというのは目新しい考え方ではありません。

しかし今回のライバルは自分自身です。シミュレーションの中で自分に勝つことができれば、レースで自身の最高記録を出せるはずです。そんな自分と闘う点が画期的と言えるのではないでしょうか。

このシミュレーションに最初に挑戦したのは、ダレン・ターナーでした。ターナーは英国で最も成功した経験豊かなカーレーサーの一人です。彼は「ル・マン24時間レース」というフランスのル・マン近郊で行われる24時間でのサーキット周回数を競うレースでも好成績を残しています。このレースは世界三大レースとも呼ばれていることからも彼の実力が伺えるでしょう。

カストロールのホームページより

そんな素晴らしいカーレーサーのターナーですが、「本業」は、アストンマーティンLagondaのハイパフォーマンス開発ドライバーだと言います。アストンマーティンLagondaとはイギリスメーカーが製造していた大型高級車です。ハイパフォーマンスを日頃から模索していたからこそ、今回のシミュレーションへ一番に挑戦したのでしょう。

このシミュレーションがレーサーの最高記録更新に役立つとなれば、今後このようにVRを活用するレーサーの数はどんどん増加するかもしれません。

▼参考リンク
最強チタン クローンドライバーへの挑戦
REWIND

PageTopへ