キャプチャ

着けるだけでモバイルHMDをトラッキング!『ZED』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年6月28日]

zedVRを最大限楽しむのに必要な機能はいくつかあるが、その中でも特に重要なのがトラッキング機能だ。トラッキング機能を搭載しているHMDを使えば、ユーザーはVR空間内を自由自在に動き回ることが可能になり、よりVRに没入することが可能になる。

そんなトラッキング機能だが、これまでHTC ViveやOculus Riftといった据え置き型HMDには搭載されてきた一方で、Gear VRを始めとするモバイルHMDにはほとんど搭載されて来なかった(スマホの加速度センサーを利用して顔の左右への動きを測るぐらいは出来たが)。

だが、今回紹介する『ZED』の誕生で、そうしたモバイルHMDの現状も大きく変わりそうだ。

スマホでトラッキング コンテンツの幅が広がる?

今回、モバイルVR用ポジショントラッキングシステムを製作したのはサンフランシスコに拠点を構えるスタートアップ企業『Stereolabs』。
彼らが製作したZEDは横長の形状をした、右端と左端にレンズが装着してあるカメラだ。人間の目のような二つのレンズを組み合わせることで、外部にセンサーなどを設置しなくても、1ミリ単位の正確なトラッキングが可能になっており、その形状はPSVRを遊ぶ際に必要なPlayStation Cameraにとても似ている。

ユーザーはヘッドセットの上に、ZEDを載せるだけで、トラッキング機能を利用することが可能。他に何も設置しなくても、最大20mもの範囲をトラッキングすることが出来る。さらに、カメラの性能は最大で2K(15FPS)となっており、1080pのHDビデオなら30FPSで、WVGAなら100FPSで撮影するなんてことも出来る。

これまでもモバイルVR向けトラッキング機能は発表されてきたが、ZEDはこれまでの技術とは比較にならないほどコンパクトかつ高度なトラッキングに成功している。Stereolabsのホームページから499ドルで購入することが出来るので、気になる方は是非チェックされたし。

●参考リンク
Sterolabs

タグ:
PageTopへ