アイキャッチ画像

言語の壁を超えるかも? イヤホン型リアルタイム翻訳機『Pilot』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年6月17日]

pilotWaverly Labsが開発したイヤホン型翻訳機『Pilot』が、世界中の人とコミュニケーションをとる際の、最も大きな障壁である”言語の壁”を打ち壊すのではないかと話題になっている。

リアルタイムで翻訳 言語の壁をなくせ!

PilotはBluetoothを搭載したイヤホン型翻訳機だ。その形状はワイヤレスイヤホンに酷似しており、片耳だけに装着して使用する。

会話したい人数分のPilotを用意し、スマートフォンに専用アプリをダウンロードすれば準備完了。2つのイヤーピースでワンセットなので、片方を相手に渡すことで、相手がPilotを持っていなくても気軽に使うことが出来る。

Pilotでは、ノイズキャンセリング機能を搭載したイヤーピースを通し、自分の発言をスマホに転送。スマホ内の専用アプリがその音声を認識し、翻訳したものを相手のイヤーピースから音声として発信するというやり方で、シームレスな翻訳を可能にしている。

1対1はもちろん、カンファレンスモードを使えば、全員使う言語が違っていても、複数の相手と同時にコミュニケーションをとることが可能だし、スマホのスピーカーから自分の言葉を部屋中の人に伝えるといった機能も存在する。

なお発売時点(2017年5月)では英語、スペイン語、フランス語、イタリア語、ポルトガル語の5種類のみ対応予定だが、同年の夏から秋にかけて日本語やドイツ語、ロシア語など世界中の言語に幅広く対応するとのこと。

ちなみに、このPilot、Indiegogoというサイトでクラウドファンディグをしているが、2016年6月17日現在、目標額の28倍以上である212万ドルを集めることに成功しているという人気ぶりだ(締め切りまで残り8日)。
クラウドファンディング期間中ならば、正規価格の33%オフである199ドルで購入することが出来る。来る東京オリンピックに備え、あなたも出資してみてはいかがだろうか。

PageTopへ