キャプチャ

普通のメガネにしか見えない! ARスマートグラス『Shima』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年6月24日]

プライバシーや安全性の問題からGoogleが撤退し、熱気が失われつつあったスマートグラス業界に新商品が舞い込んできた。その名も『Shima』だ。

違和感なく使える! ファッショナブルなスマートグラス

Shimaの最大の特徴は、外観が普通のメガネにしか見えない点だ。Google Glassなどのスマートグラスに搭載されていたカメラ類が取り払われているため、人目を気にすることなくあらゆる場面で、使うことが出来る。
キャプチャ
さらに種類も4つあり、どれもなかなかおしゃれ。色も複数あるので、かなりファッション性に富んだスマートグラスといえるだろう。
キャプチャ1
また、ユーザーフレンドリーなインターフェイスを採用することで、顔を色んな方向に向けないで操作できるようしてあるため、周りに不審者と思われることはなさそうだ。

開発元のLaforgeでCEOを務めるCorey Mack氏は、Shimaのコンセプトとして”仮想世界と現実世界の境界線をあいまいにする”ことを挙げており、とにかく、日常生活に違和感なく溶け込むことができるスマートグラスとしてデザインされている。

どんなことが出来る?

Shimaはお手持ちのスマートフォンにSocialFloアプリをダウンロードすることで状況に合わせて、様々な機能を使うことが出来る(iOS、Android、Windows Phoneに対応予定)。

例えば、移動中であれば、経路検索機能を搭載したマップをメガネに表示することが可能。スマートフォンを逐一見なくても経路が簡単にわかるので、無駄な労力を使わずにすむというわけだ。
キャプチャ2

また、ランニング中には自分の走行スピードを測定することもできる。ランニングで必要な機能はあらかた揃えてあるとのことなので、歩数カウント機能や消費カロリー計算機能もおそらく搭載されているだろう。
キャプチャ3

さらに、自動車を運転していることを認識すると、スマートフォンからマップアプリを自動で引っ張り出し、経路案内をしてくれる。既存のカーナビと違って、画面を見る必要がないので安全性も増しそうだ。
キャプチャ5

ちなみに、Shimaのお値段はα版とβ版あわせて590ドル、α版は2016年の第4四半期に、β版は2017年に出荷されるとのこと。気になる方はLAFORGEのWebページから購入できるので、チェックされたし。

●参考リンク
LAFORGE

PageTopへ