Robot-gezin-web_tcm270-767827

子供を生むロボット!? オランダの研究チームが生殖するロボットの概念実証を完了

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年6月07日]

Robot-gezin-web_tcm270-767827

ロボットからロボットが生まれてくるという、どこぞのSF映画に出てきそうな光景がそう遠くない日に現実になるかもしれない。

先日、アムステルダム自由大学の研究者を中心としたチームが、生殖活動を行うロボットの開発に、部分的に成功したと発表した。

今までの自己複製とは一線を画す技術

これまでにもしばしば見られた自己複製を行うロボットはあったが、今回の発表は一体何が新しいのだろうか?

これまでのキューブロボットのようなロボットは、あくまで自身を複製するのであって、より生物的な特徴である複数の遺伝子を組み合わせ環境せる柔軟性を持つための複製という点にはなかなか辿りついていなかった。

だが、今回発表されたものは2つのロボットの特質、外観や行動プログラムといった、動物の遺伝子にあたる部分を組み合わせて、新しいロボットを生み出す。しかも、ロボットの組み合わせはロボット同士で最も惹かれあうもの同士になる。

例えば、このデモ動画の中では能力テストの結果が良かったロボットを一箇所に複数集めて、互いに評価させ合い、自分の短所を補う遺伝子を持ったつがいを見つけさせる、さながら合コンのようなことを行っている。

つがいとなったもの同士は何度かスキンシップを取った後に、互いのデータを提供し合う。そうやって、お互いの短所を補いあったハイブリッドロボットのデータが生まれる。そのデータが3Dプリンターに転送され、組み立てられると、晴れて新しいロボットが誕生する。

この技術があれば、環境の変化に対応した柔軟な進歩をロボット自身で行うことが出来るようになるだろう。

まだ、概念実証が完了した段階ではあるが、この突拍子もない技術革新がもたらす未来に期待せずにはいられない。

▼参考リンク
World first: robots that procreate

タグ:
PageTopへ