キャプチャ

あらゆるスマホで3D Touchを実現!? 『ForcePhone 』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年6月03日]

ForcePhoneiPhone 6sよりに搭載された3D Touch。画面に加えた圧力の加減によって、様々な操作をするという技術だが、6sがリリースされてからというものAppleひいてはiOSの専用技術となっていた。しかし、そんな状況が、ミシガン大学のエンジニアたちが開発した新技術『ForcePhone 』によって大きく変わりそうだ。

全てのスマホが3D Touch搭載へ!

ForcePhoneは、全てのスマートフォンに搭載されているマイクロフォンとスピーカーを利用することで3D Touchを実現している。ForcePhoneのソフトウェアをインストールするだけで利用可能なため、既存のあらゆるスマートフォンで再現することが出来る、かなり実用的な技術となっている。

ForcePhoneを起動すると、スマホのスピーカーから18キロヘルツ以上の音波が発生される。この周波数の音波は人間の耳では認知することが出来ないが、マイクロフォンなら拾うことが出来る。

この状態で、スクリーンを押したり、スマホを握ったりすることで周波数に変化が起きると、マイクロフォンがその変化を感知、ページをバックしたり、アプリのメニューを開いたり、電話をかけたりすることが出来るというのがForcePhoneの全容だ。もちろん3D Touchほどの正確性はないものの、スマホを握るだけで操作できるので、ForcePhoneが優位な部分もありそうだ。

開発を主導したミシガン大学教授のYu-Chih Tung氏は、バットマンが活躍するハリウッド映画『ダークナイト』にインスパイアされForcePhoneを製作したと語った。劇中でバットマンが敵(ジョーカー)を見つけるために、街中の携帯から高周波の音波を発生させ、ソナーシステムに変えたというシーンがForcePhone開発のヒントになったという。

ちなみに、2016年6月に、シンガポールで開催されるカンファレンスにてForcePhoneが詳しく紹介されるとか。今すぐに配信というわけではないらしいが、年内には多くのスマホで3D Touchが利用できるようになっているのかもしれない。

タグ:
PageTopへ