20160523_07

メガネをかけるだけで就活できちゃう!?『Life Interview』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年5月31日]

就活では、面接は限られた時間の中で自分をアピールしなければなりません。でもたった数十分から1時間程度の面接でどれだけ自分のことを伝えることができるのでしょうか。緊張してしまってうまく話せず、もっと普段の自分も見てほしいと思う人もいるでしょう。

そんな人たちのために転職サイトDODAで、「未来の面接プロジェクト」の第2弾となる『Life Interview』が開始しました。このプロジェクトではメガネ型ウェアラブルデバイス「JINS MEME(ジンズ・ミーム)」を使って普段の生活の中からデータを取得することで個人と企業のマッチングを行うことができます。

ちなみに第1弾は「VR面接」ということで、面接が苦手な人向けに現実ではなく仮想空間で日本発の起業家と言われる坂本竜馬と面接を行うというものでした。

普段の生活データを使って企業とマッチング

20160523_02JINS MEMEをかけて生活すると、まばたきの回数や強さ、視線の移動、体の姿勢などのデータをリアルタイムで取得できます。

Life Interviewではそのデータから機械学習によって、学生と企業側のパフォーマンスの高い社員の集中力・ストレス耐性・生活スタイルを解析します。それらのデータを重ね合わせて学生と企業のシンクロ率の測定を行います。

20160523_03学生はデータを通じてどういった会社や職種に向いているかを知ることができ、企業側は面接だけでは見えなかった個人の特徴などを把握することができます。これにより、双方のミスマッチの軽減が期待されます。

現在はアクセンチュア、カヤック、DeNA、Yahoo! JAPANといった企業と、慶應義塾大学、首都大学東京、多摩美術大の研究室に参加してもらって実証実験を行っている段階ですが、2016年秋以降にアプリを一般公開し、実用化を目指しています。

無題

メリットは?

ただメガネをかけて生活しているだけで企業から直接オファーが届くかもしれないというのはとても魅力的です。普段の生活を送っていたら内定を貰える未来がすぐそこにあるかもしれませんし、そうでなくても今まで気づかなかった自分の性格や行動に気づくこともできるかもしれません。

しかし同時に、ずっと監視されていると捉えることもできます。ただでさえナイーブになりがちな就活中にプライベートな時間まで監視されていると思うと精神的な疲労は大きいかもしれません。どうしても普段だらだらしてしまうという人にとっては、規則正しい生活を身に着けるチャンスかもしれませんね。

▼参考リンク
Life Interview

PageTopへ