アイキャッチ画像

写真一枚で身バレ!? SNS時代のプライバシー危機

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年5月23日]

IMG_8520顔認識アプリの機能向上を受け、SNSとプライバシーの問題が再燃している。誰もが個人情報をSNSに掲載する今、どうやって自分自身の情報を守るかが大事になってきそうだ。

写真で顔認識はアリ!?

この問題の渦中にあるアプリの名は『Findface』。Findfaceは、スマホで撮影した写真を元に顔認識を行い、その人物のSNSアカウントを発見するという機能を搭載している。FindFaceが対応しているのは『Vkontakte』というSNS。日本では馴染みがないかもしれないが、ロシアには50万人近くのユーザーがおり、東欧を中心にそこそこメジャーなアプリになっている。

Vkontakteは、まさしくロシア版Facebookというにふさわしく、Facebookのアカウントでログイン出来るだけでなく、ほとんどのユーザーがトップ画面に自分の顔をアップロードしており、Facebookのように自分の趣味や個人情報を詳細に掲載している。

Findfaceの注目すべき点は、その驚異的な精度だ。ロシアの写真家であるEgor Tsvetkov氏が「Your face is big data」(あなたの顔はビッグデータ)というプロジェクトで、地下鉄にいる人々の写真を撮ったところ70%の確率で身元の特定に成功したという。

FindFaceを試してみる

せっかくなのでFindfaceで自分の顔を特定できるかどうか試してみた。
IMG_8520
アプリを起動し、「Vkontakte」にログインすると次の画面へ。ロシア語なのでなんて書いてあるかは分からないが、画面上方をタップしてみるとカメラが起動した。
IMG_8518
自分の顔を撮影するとアカウントの候補がずらっと出てくる。残念ながら私のアカウントは出てこなかったし、アカウントの候補同士もそんなに似ていなかったが、アジア系の男性だということは一致した。もしかしたら、ロシア製のアプリなのでアジア系の顔認識には弱いのかもしれない。

出てきたアカウントをタップすることでコメントを送ったり、友達申請することもアプリ上で出来る。誰かに盗撮されて、いきなりメッセージが送られてくる可能性もあると考えると、なかなか恐ろしいアプリだ。

Vkontakteはロシア人ばかりが使っているので我々とは余り関係ないが、もしFacebook版顔認証アプリがリリースされたら、規模が桁違いのため、かなり大きな問題となるだろう。SNSとプライバシーの問題はこれからも悩みの種になりそうだ。

●参考リンク
Vkontakte
FindFace

PageTopへ