cxdfv

第4次産業革命突入! 日本成長のキーワードとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年5月11日]

学生のとき、歴史の授業で誰しもが習った産業革命。それがこの現代に日本で起きようとしている。経済産業省が、「新産業構造ビジョン」の中間整理および第4次産業革命をリードする戦略的取組を発表した。日本の成長を支える第4次産業革命、そして「新産業構造ビジョン」とは一体どのようなものだろうか。

産業革命の歴史

4次産業革命を紹介する前に、それ以前の産業革命について振り返っておこう。

第1次産業革命は、18世紀のイギリスで起きた産業発展のことを指す。この革命を引き起こした要因は様々にあるが、一番重要なのは蒸気や石炭の発明および発見だ。蒸気や石炭が生み出すエネルギーを使うことで、毛織物業などの軽工業の半自動化に成功した。

第2次産業革命は、19世紀にアメリカやドイツを中心に起きたものだ。電力や石油の開発が進み、軽工業だけでなく、重工業も大きく発展した。それに加えて、印刷機や自動車など新技術の開発も進み、文明が大きく発展する契機となった。

第3次産業革命は、2000年前後から始まったいわゆるIT革命のことだ。インターネットの普及によって世界中の情報が低コストで共有され、企業活動もインターネットを使うことでより効率的になった。そして現在も第3次産業革命の途中だ。

第4次産業革命とは

第4次産業革命を象徴するキーワードはIoT、ビッグデータ、ロボット、人工知能(AI)等による技術革新だ。

具体的には、第3次産業革命によって一般化したインターネットをウェアラブルデバイスやロボット、家電、自動車などあらゆるものに接続(IoT)。ビッグデータを回収し機械学習を加速、人工知能やロボット技術の開発を発展させ、生産効率を向上させるという内容だ。それ以外にもフィンテックやドローンなどの新技術も第4次産業革命に含まれる。

新産業構造ビジョンとは

そんな第4次産業革命を、国を挙げて支援して、日本の発展を実現しようという戦略方針のがこの『新産業構造ビジョン』。今回発表された中間整理は全部で55ページもあるのでかいつまんで説明しよう。
cxdfv
まず、第4次産業革命への対応を巡っては、日本は今、まさに分かれ目に立っているという。現状のように企業・系列・業種の壁が温存されたままでは、データ利活用の基盤であるデータプラットフォームをGAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)などに依存したままになってしまう。こうした状況が続けば国の産業がGAFAの下請け化し、ジリ貧になってしまう。

それに加え、機械化・デジタル化による雇用機会の喪失、機械・ソフトウェアとの競争による賃金の低下に直面し、中間層が崩壊、格差の拡大が発生する恐れがある。
cdszc
こうした状況を回避するためには、第4次産業革命の技術革新とデータを活かし、新たな需要の発掘・獲得を推進しなくてはならない。そのためには人工知能開発などにより、革新的な製品やサービスを創出し、企業の壁を超えた日本独自のデータプラットフォームを作る必要がある。そうすることで、グローバルな市場・付加価値を獲得し、生産性向上やその結果としての賃金上昇が起きるはずだ。

そこで、経済産業省が主導して、長期的な将来像を官民で共有し具体的な目標を中期的な期限を定めて設定。それに加え、目標を実現するための必要な全ての要素を定めたロードマップを作り、短期の具体的改革を実施していく。
cxvesr
ちなみに、『新産業構造ビジョン』で掲げた具体的な目標は、『データ利活用促進に向けた環境整備』『人材育成・獲得、雇用システムの柔軟性向上』『イノベーション・技術開発の加速化(Society5.0)』『ファイナンス機能の強化』『産業構造・就業構造転換の円滑化』『第4次産業革命の中小企業、地域経済への波及』『第4次産業革命に向けた経済社会システムの高度化』の7つ。詳細な内容については参考リンクのPDFからチェックされたし。
aeds
asdsfdg

●参考リンク
新産業構造ビジョン 中間整理(PDF)
「新産業構造ビジョン」~第4次産業革命をリードする日本の戦略~ 産業構造審議会 中間整理(PDF)

PageTopへ