vreal

VRでもゲーム実況? ライブストリーミングプラットフォーム『VREAL』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年5月10日]

日本でもすっかり一般的になったゲーム実況だが、その流れがVR業界にもきているようだ。ゲームライブストリーミングサービスとしては日本ではニコニコ生放送、海外ではTwitchなどが有名だが、VR業界においてもライブストリーミングサービス『VREAL』が発表された。VREALはVRゲーム実況業界のTwitchになれるのかどうか、大きな注目を集めている。

VRでもゲーム実況は流行る?

VREAL(Virtual Reality Entertainment And Livestreaming)は世界初のVRゲームライブストリーミングプラットフォームだ。
あらゆるデバイスに対応しており、HTC ViveやOculusといったハイエンドHMDだけでなく、クラウドレンダリングテクノロジーを使うことで、Gear VRのようなスマートフォン向けHMD、ひいてはPCの2Dスクリーンでも楽しむことができるようにデザインされている(Playstation VRも追加予定)。

vreal

従来のTwitchなどの動画配信プラットフォームと異なり、VREALでは、視聴者が好きなアングルからゲーム画面を見ることが可能になっている。配信者のすぐ隣でゲームに参加することはもちろん、空中を浮遊してゲーム全体を俯瞰することも出来る。

また、サードパーティのアプリケーションを使用していないので、誰でもVREALを通して直接配信することが出来る。そのため配信がかなり簡単というのもウリのひとつ。
それに加えて、VRのネイティブゲームだけでなく360度コンテンツや2Dのゲームでも配信が可能になっており、様々なコンテンツをユーザーに提供することが出来る。

VREALのCEOであるTodd Hooper氏はこのゲームライブストリーミングプラットフォームに関し「ゲームプレイはTwitchやYouTubeのようなプラットフォームのもとでエンターテインメントとして進化してきた。今や、実際にゲームをプレイする人よりも、ゲーム実況を見る人のほうが多い。こうしたトレンドはVRゲームでも発生するだろう」と述べ、VREALの必要性を強調した。

VREALがどれくらい流行るのかは分からないが、VRゲームが主流になった時には、世界初のVR向けライブストリーミングプラットフォームという点を生かし、多くのユーザーの囲い込みに成功する可能性は極めて高いだろう。

●参考リンク
VREAL Announces First-Ever Platform for VR Game Live Streaming and Discovery

PageTopへ