script3

パズルのように組み立てられる『スクラッチ』で小学生からプログラミングを始めよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年4月28日]

scratch皆さんは小さいころどんな習い事をしてましたか? よく聞くのは野球やサッカーなどのスポーツや、ピアノ、お習字などですよね。

しかし、今や小さい子でもスマホやタブレットで遊ぶ時代。最近注目を集めているのはプログラミングです。ただ遊ぶだけではなくて、将来クリエイティブな道に進むためにも良い習い事だと思います。

そこで紹介したいのが、近くにプログラミング教室が無くても大丈夫、小さい子供でも簡単にゲームなどが作れる『Scratch(スクラッチ)』というプログラミングソフトです。

『Scratch』って何?

Scratchとは、マサチューセッツ工科大学(MIT)のメディアラボが開発したもので、主に8~16歳向けにデザインされた教育用のプログラミングソフトです。

特別にソフトをインストールする必要はなく、ScratchのWebサイト上でプログラミングすることができます。パズルのピースのようなもの1つ1つにスクリプトと呼ばれる「命令」を自由に組み立てていけるので、小さい子にも視覚的にわかりやすくなっています。

気をつけなければいけないのはピースの凹凸がしっかりはまるかどうかだけです。このパズルを組み立てることでゲームやアニメーションなど、インタラクティブに操作できるプログラムを作ることができます。
script2script3script
スクリプトには「動き」や「見た目」「イベント」「制御」など10種類あり、それぞれを組み立てて実行すると、その通りに実行されます。

画面は左側に実行される画面があり、その右側にスクリプトが準備されています。そして自分の作りたいプログラムに合わせてスクリプトを選び右のスペースに配置していきます。
scrath3
ちなみに左上の丸い地球マークを押すと言語が選べるようになっており、日本語はもちろん「にほんご」を選択すると全てひらがな表記になるので小さいお子さんにも安心です。

例えば下の画像のように組み立てると「旗マークをクリックしたときずっとマウスのポインターへ行く」というように実行され、マウスを動かすとその位置に猫のキャラクターを動かすことができます。
scratch
このように組み立てていくと猫のアニメーションやゲームなどを作ることができます。
オブジェクトや背景の種類はほかにももたくさんあるので、世界に1つだけの自分オリジナルコンテンツを作ってみましょう!

世界中の人と共有できる

scratch2
ScratchのWebサイトにアカウント登録をすることで自分で作ったゲームなどを保存したり、世界中の人と共有することができるようになります。世界中の人のゲームやアニメーションを楽しむことができるので、最初はそういったものをお手本にして作っていくといいかもしれません。

ただ、もともとがMITが作ったものなので遊び方などほとんどが英語で書かれているので気をつけてください。

教育番組で学ぼう

nhk
またNHKのEテレでは、3月にScratchを学ぶことのできる「Why?プログラミング」という番組が放送されました。放送は5日間でしたが番組のWebサイトでは放送した番組を視聴することができます。

この番組は、すべてがScratchでできた仮想世界で起こる様々な問題をレスキュー隊の新人隊員に扮する厚切りジェイソンさんが解決していくストーリーとなっています。子供向け用なのでわかりやすく、細かいステップで学ぶことができるので興味のある方は是非見てください。

さらにこの番組のWebサイトでは視聴者から投稿された選りすぐりのゲームを紹介しています。みなさんも面白いゲームを作って投稿してみてはどうでしょうか。

▼参考サイト
Scratch
NHK Eテレ “Why?プログラミング”

PageTopへ