IMG_1850

『LINE CONFERENCE TOKYO 2016』に行ってきた! 会場レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年3月25日]

2016年3月24日(金)、LINEが事業戦略発表イベント「LINE CONFERENCE TOKYO 2016」を開催しました。場所は千葉県にある舞浜アンフィシアター、ミッキーマウスたちの楽園を通り過ぎ、取材してきました。

IMG_1845IMG_1850

会場ドーーーーーーン!!!!そして会場入口にLINEのオブジェがこんにちは。人をかき分けかき分けパシャリ。

なんといっても、今回のカンファレンスは会場に行けない一般ユーザーも参加可能に。どういうことかと言いますと、LINEが2015年12月にサービスを開始し、約3カ月の延べ視聴者が1億人を突破したLINE LIVE(ラインライブ)でリアルタイムに配信したのです。
IMG_9708

LINE5周年のこれから、ミッションはClosing the distance!

LINE株式会社は、LINEのサービス配信から5年経過し、Closing the distanceをミッションとして世界中の人と人との関係性はもちろん、様々な情報やサービス、モノとの距離を縮め、心地よい関係性を創出していくとのこと。今回のカンファレンスはLINEにとって一つの節目とチャレンジの発表会のようです。さて、どんな発表があったのでしょうか!

IMG_9678 (2)LINE株式会社 代表取締役社長 出澤剛 氏

出澤氏からは、ユーザー数が全世界で10億人を突破したことや、タイ、台湾、インドネシアなどの海外ユーザーが特に伸びていることなどのLINEの5年間の成長が発表されました。

2014年カンファレンス時のユーザーの約5倍! LINEの成長はとどまるところを知りませんね。

そして、LINEの新キャラクターとして、チョコが登場! ブラウンの妹で、おしゃれに敏感な今ドキの女の子を象徴しているそう。あれ? リボンを着けたブラウンでは?(笑)
IMG_9698

IMG_9736 (2)LINE株式会社 執行役員 杉本謙一 氏

杉本氏の発表は、LINEのビジネスプラットフォームの戦略について。LINEアプリ内でお気に入りのお店のポイントカードが使えることや、LINEビジネスアカウント向けのコミュニケーションシステムの拡充などの話がありました。

人と情報、人と企業、人とサービスのClosing the distanceへの取り組み事業で、より人との距離が縮まっていくことでしょう。

IMG_9786 (2)LINE株式会社 上級執行役員 田端信太郎 氏

田端氏からは、広告メディアとしてのLINEのビジョンの発表がありました。 

広告が、さらなるパーソナライズの強化、中小企業の広告メディアの拡大などの話を中心に、新しい広告観をLINEは築いていきたいとのこと。

IMG_9810 (2)LINE株式会社 取締役 舛田淳 氏

舛田氏からは、新たな決済プラットフォームの発表がありました。

JCBと提携し、プリペイドカードのLINE Pay カードが発表されました。これはLINE Payと連携して、オンライン時でも、プリペイドでオフライン時でも、国内では960万店、海外では2000万店で利用できます。

IMG_1882すでにLINE Payの画面からカードの申し込みが可能です。プリペイドなので、気が付いたらすごい金額の引き落としがあった……なんてことにはならないので、安心ですね。

そして舛田氏から最後にサプライズ発表が!

なんと2016年夏を目処にMVNOサービスLINE モバイルを開始するとのこと。
これは大変な話題になっており、カンファレンス終了後、長時間Twitterのトレンドに浮上していました。

▼LINEモバイルの記事はこちら
LINEが今夏にもMVNO事業に参入。立ちはだかる「ネットワーク中立性」の壁とは

SNSを飛び出したキャラクターたち

会場の一角はLINEグッズが販売されていました。国内の常設店舗は原宿、仙台、福岡の3箇所。場所柄、買いに行けない人にとっては今日がチャンスとばかりに、スーツをきたおじさまから、若い女性までレジには大行列が。
IMG_1861 (2)IMG_9660

そして、参加者にはARABIAとコラボしたマグカップ! LINEキャラクターのブラウンとコニーのフチフィギュアセットが配布されました。

IMG_1880

当社のキャラクター『フリフリくん』をバックにパチリ

LINEは配信開始から爆発的にユーザー数を増やしてきました。2016年は多くの新サービスの開始でClosing the distanceのミッションは達成できるのか、LINEの今後に目が離せません。

▼参考リンク
コミュニケーションアプリ LINE(ライン)

PageTopへ