atl02391

テレイグジスタンスとは? 聴覚・触覚も刺激するスーパーVR体験会『未来アミューズメントパーク』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年3月18日]

atl02387 2016年3月17日~18日に、株式会社リクルートテクノロジーズのATL※が視覚・聴覚・触覚を刺激するVRを超えたスーパーVR体験会『未来アミューズメントパーク』を開催しました。※同社の研究開発機関『Advanced Technology Lab』
 視覚がメインのこれまでのVRに、聴覚と触覚を加えたというコンテンツは、いったいどういうものなのでしょうか? ここでは、リクルートテクノロジーズの米谷氏のお話とともに、各アトラクションをご紹介していきたいと思います。

2016年はVRブレークイヤー

atl02363

株式会社リクルートテクノロジーズ 執行役員CTO 米谷修氏

VRの潮流が変わる
 まず我々は、2016年はVRブレークイヤーです。皆さまご存じのFacebookがOculus VRを買収したりと、今後VRにどんどん投資が進んでいくのではないかと考えています。
 また2016年は、Oculus Rift やPlayStation VRなどの新たなVR製品が出てきます。VRはプロの設備というよりも、一般カスタマーのデバイスになっていくでしょう。2007年にiPhoneが登場し、そこからその後のモバイルフォンの潮流が変わったというタイミングがあったように、2016年のVRも仮想現実の大きな潮流の1つになっていくのではないかと思います。

VRの可能性
 リクルートテクノロジーズは、リクルートグループでインフラやAP基盤、大規模開発、ビッグデータ、セキュリティなどのIT機能を担っております。ATLという組織は、その中でR&D(研究開発)専門で、先端技術を開拓、技術活用し、われわれのサービスに適用していくということを目指している組織です。
 VRといえばエンターテインメント系を想起されると思います。もちろん、エンターテインメントでは普及が始まっているのですが、実はtoBのサービスでも三菱地所様がモデルハウスの営業ツールとして使われていたり、あるいは楽天ウェディング様がバーチャルウェディングシステムをリリースされていたりと、実際の商品サービスへの展開も進んできています。
 もちろん、我々リクルートでも取り組みを行っています。例えば、弊社のブライダル情報誌『ゼクシィ』の付録として、段ボール製ヘッドマウントディスプレイがあります。読者様がヘッドマウントディスプレイに端末を差し込み、我々が用意したVRの式場のコンテンツを楽しむことができます。

ATLの方向性
 コンピュータに対するインプット方法として、キーボード→マウス→タップが出来るようになりました。その先にはIoTもありますし、音声やジェスチャーでコントロールしたりと、どんどん進化していっています。
 一方、コンピュータからのアウトプット方法は、紙→モニターで停滞しています。ATLは、その次にAR/VR、テレイグジスタンス※を位置づけてR&Dを行っているのです。※遠隔地にあるモノや人が、あたかも近くにあるように感じながら、操作などをリアルタイムに行う環境を構築する技術のこと

未来アミューズメントパーク
 未来アミューズメントパークは未来仮想体験の実現を追求したイベントとなっています。
 VRは、ヘッドマウントディスプレイをかぶって頭を振ることで映像を切り替えるます。ですが、単純にこれだけでいいのでしょうか? 今回のイベントはスーパーVRということで、視覚だけでなく、聴覚、触覚に働きかけるようなアクティビティをいくつも用意しています。
 このイベントに至るまで(各アクティビティには)タイムラグであったり、触覚との差などいろんな課題がありました。我々のゴールとしては実際その場にいるような体験をVRを使って作り上げることで、我々のサービスを大きく進化させることです。今後コンシューマー向けにVRアイテムが加速度的に普及し、自宅に居ながら仮想体験がどんどん出来るようになります。VRと現在のサービスを上手く組み合わせることで今までにない新たなサービスを作っていきたいなと思っております。

視覚、聴覚、触覚を刺激するスーパーVR体験

四季の世界遺産 ドライブ
 世界遺産(白川郷、白神山地、熊野古道、姫路城)をバイクに乗って体験できる。ヘッドセットを装着し、バイクに見立てた機材にまたがってハンドルに手をかけて体験する。機材はバイクの前後移動やジャンプ動作を再現し、大型ファンと霧吹きで風や雪を表現している。

atl02408atl02413

美瑛の丘レース-Hashilus-
 北海道にある『美瑛の丘』陵地帯を馬に乗ってレースをする、1度に4人まで参加できる観光体験型アクティビティ。手綱コントローラーを動かすことで、馬は早く走るようになっている。ユーザーの前に置かれたファンは、さらに乗馬感を出す。

atl02402atl02432

TOKYOスカイラン-Urban Coaster-
 CG生成された東京に似た街をブランコ型スカイコースターに乗って超高速で疾走する。大型ファンで風力を演出し、ブランコの細かな動きは人力によってユーザーに伝えていた。

atl02377atl02382

座間味 ロケットジャンプ
 こちらに使用している映像は、スタッフが実際に沖縄の座間味に行き、ドローンを飛ばして360度カメラで空撮してきたもの加工したとのこと。島間を飛びながら海を上空から見られるという気持ちの良いコンテンツになっている。VRを自分の意思(目線によるコントロール)で行き先の島を決めるという制御ができる。ファンはユーザーのジャンプに合わせて回りロケット噴射を演出している。

atl02426atl02429

指サッカー
 FInFA=Finger Football Associationのワールドカップ。ユーザーは指に靴をはき、サッカーコートでボールを蹴る(弾く)、(50cmという短い距離ではあるが)テレイグジスタンスを体験するコンテンツ。手首のところにカメラを着けておき、自分の頭を振るとカメラが動く。人によっては酔う恐れも。

atl02391atl02387

ペンギンロボ コントローラー
 品川のプールで泳いでいるロボットのペンギンを泳がせるVR体験。ロボットには360度カメラが着いていて、その視線映像がHMDにフィードバックされる。腕に着けた羽を動かすことで移動も可能。かなり本格的なテレイグジスタンスになっている。

atl02420atl02417

 視覚以外の感覚器官も刺激することで、これまで以上の没入感が出ています。テーマパークには、VRジェットコースターを発表しているところも出始めています。
 こうしたVRを体験できるイベントが増えつつありますので、みなさんもぜひ足を運んでみてください。

▼参考リンク
未来アミューズメントパーク ~視覚・聴覚・触覚を刺激する、~VRを超えたスーパーVR体験会~
Advanced Technology Lab

タグ:
PageTopへ