ps_vr

PlayStation VRの価格・発売日がついに発表! 2016年中に50以上のタイトルも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年3月16日]

アメリカのサンフランシスコで行われているGDC(ゲームディベロッパーカンファレンス)2016の会場にて、ついにPlayStation VRの価格と発売日が発表された。

PlayStation VR

値段と発売日

発表によると、2016年10月より、日本、北米、欧州、アジアにて希望小売価格44,980円/399USドル/399ユーロ/349ポンドで発売される。ただし、PlayStation Camera(5,980円)が別途必要となるので注意が必要だ。

第一世代ヘッドマウントディスプレイの代表格であるOculus Riftの値段が9万4600円/599ドル、HTC Viveの値段が11万1999円/799ドルであることを考えると、かなり格安となっている。Playstation VR開発責任者であるSCEの伊藤雅康氏が述べたように、Playstation VRは大衆市場をターゲットにしており、他のHMDと明確に差別化を図る格好となった。

一方で、発売日はGDC 2015で発表されていた2016年上半期から遅れ、2016年10月となっており、第一世代HMDの中でもかなり遅い部類に入る。

PlayStationVRの機能紹介動画

シネマティックモード

値段や発売日のほかに、シネマティックモードの存在が明かされた。シネマティックモードとは仮想空間内の大迫力のスクリーンでPS4のタイトルをプレイしたり、映像コンテンツやLive from PlayStationといったソーシャルサービスを楽しむことができる機能だ。VRデバイスとしてだけではなく、Playstation VRは巨大スクリーンとしての役割も果たすことが出来そうだ。

気になるコンテンツは?

現在、PlayStation VRのソフトウェア開発に2K Gamesやユービーアイソフトなどの大手ソフトウェアメーカーからインディーズ開発者まで、230社以上が参入の表明をしている。日本からは、カプコンやセガ、グリーなどのゲームメーカーが参入する予定だ。

ファーストパーティーも含め現在160本以上のタイトルが開発中で、Playstation VRの発売から2016年末までに50本以上のタイトルが発売される予定だ。また、Playstation VR購入者は無料で、PS VR専用タイトル『THE PLAYROOM VR』をダウンロードすることが出来る。

THE PLAYROOM VRの様子

注目のタイトル

2016年中に発売予定の注目のタイトルを紹介しよう。

ユービーアイソフトから発売予定の『Eagle Flight』はそのタイトルどおり鷲になりきって、パリの空を飛びまわることが出来るという内容のゲーム。最大6人でレースをしたり、アイテムを収集することも出来るとか。

『Headmaster』は飛んでくるボールをひたすらヘディングしまくるゲーム。ただサッカーボールをヘディングするだけでなく、爆弾をヘディングして壁を壊すなどのギミックもある。

新規タイトルのほかにも、PS4ですでに発売されている『Star Wars バトルフロント』のVRバージョンの製作も発表されており、既存のPS4向けタイトルのVR対応も進んでいくかもしれない。

いずれにせよ、低価格、大衆市場路線に舵を取ったPlaystation VRが成功するのかどうか注目が集まりそうだ。

●参考リンク
PlayStation®4専用バーチャルリアリティシステムPlayStation®VR
2016年10月に44,980円/399USドル/399ユーロ/349ポンドで発売

タグ:
PageTopへ