fdsf

Google Cardboardでも楽しめるソーシャルVR! 『vTime』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年3月17日]

つい先日OculusがGear VR向けにソーシャルアプリのリリースを発表したばかりだが、もう一つ注目のソーシャルVRがリリースされた。それがvTimeだ。

VR空間を友達とチャット

vTimeはイギリスに拠点を置くイノベーションスタジオStarshipが開発した”ソーシャル”ネットワークだ。現在はGear VRとGoogle Cardboard向けにOculus Storeでリリースされているが、他のモバイルVR用ヘッドマウントディスプレイやOculus RiftやPlayStation VRといった据え置き型HMDに対応していく予定だ。HMDごとの区別はなくアプリ使用者全員と繋がり、チャットすることが出来るようになる。特別なコントローラーは必要なく、ハンズフリーでコミュニケーションをとることが出来る。
V Time  Wilderness  River
ユーザーは肌や目、髪型などを設定し自分の分身となるアバターを作り、コミュニティメンバーと8種類のロケーションで、チャットできる(4人まで)。
トレイラーを確認してみると、南国やキャンプ、宇宙などのシチュエーションを楽しむことが出来そうだ。

ユーザーはSNSのアカウントや名前、メールアドレスで友達を探すことが出来る上、ランダムで見知らぬ人とチャットすることも出来る。その他のユーザーマッチ方法も導入していく模様。単純なチャット以外にも、画像やビデオの共有も出来るようになるとか。

Road to VRの報道によると、StarshipのCEOであるMartin Kenwright氏は「vTimeは世界初のモバイルVR用”ソーシャル”ネットワークだ。従来のPCやタブレット、スマホ向けソーシャルネットワークと違い、vTimeは家族や友達と貴重な時間をすごすことが出来る」「vTimeへのアーリーアクセスは物語の始まりに過ぎない。ユーザーにとって理想のネットワークを作るためユーザーと協力して開発を続けていく。そして、定期的にユーザーと意見交換するvTimeフォーラムを開催していく」と述べている。Starshipは、vTimeフォーラムの情報をメーリングリストやソーシャルチャンネルで配信していくようだ。

vTimeは2016年3月15日現在、開発者バージョンとGear VRバージョン、Google Cardboardバージョンがリリースされている。Gear VR、Google Cardboardホルダーの方は是非vTimeを試してみてほしい。

●参考リンク
Time Allows Gear VR Users to Explore Virtual Reality with Friends in First ‘Sociable’ Network
‘vTime’ Becomes First Social VR App on Google Cardboard

PageTopへ