d17958-2-413801-0

UnderworldのライブをVRで体験! VRライブストリーミングで変わる中継の楽しみ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年3月15日]

ライブ映像をPCや映画館で楽しむことが出来るライブストリーミングもVRで進化を遂げそうだ。見にくい席のチケットを取るより、VRでライブストリーミングを見たほうがいい、なんて時代も来るかもしれない。

VRライブストリーミングが当たり前に

Underworldのライブをステージ上で楽しめる?

2016年3月12日(土)にイギリスの有名ロックバンド『Underworld』のライブをVRで配信するという試みが行われた。この試みは、世界的に活躍するデザイン集団『Tomato』の結成25周年を記念し、東京の渋谷パルコを中心に渋谷の街と連携し開催される大型企画展「THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O”」の一環として行われた。その内容は、パルコ屋上で行われたライブ「Underworld Live: Shibuya, we face a shining future」をVRで配信すると言うもの。
d17958-2-413801-0
抽選で招待されたゲストは、サムスンのヘッドマウントディスプレイ『Gear VR』を装着して、VR Cruiseが開発しているボディーソニック機能付きVR4Dチェア『TELEPOD』に座り、ライブを体感した。Gear VRの映像とTELEPODの4D音響で、実際にライブ会場にいるかのような体験が出来る。また、今年の8月まで渋谷パルコ8階に体験スペースが設置され、今回配信された映像をGear VRで楽しむことが可能だ。

VRライブストリーミングサービスは徐々に増えてる

画期的なVRライブストリーミングだが、実は1年以上前に日本で行われていた。それが演歌歌手・小林幸子さんのコンサートだ。ライブの様子はインターネットで配信され、「Oculus Rift」で体験することが出来た。

ネットワークのデータ量の問題を、頭を動かしているときは解像度を下げ、一点を見つめている時は、解像度を上げるという方法で解決したとか。

また、3月15日から20日までフロリダ州で行われる音楽イベント『Miami Music Week』にて、EDMのライブがVRで配信されることも決定している。

日本だけでなく、海外でも音楽ライブのVR配信はトレンドになっているのだ。

スポーツ中継もVRに

ライブストリーミングは音楽ライブに限らない。バスケットボールやサッカー、テニスといったスポーツのライブ映像もVRで楽しめるようになる。この分野で有名なのがNextVRだ。

全米大手スポーツチャンネルFOVchannelとの契約締結や、3050万ドルの投資を受けたNextVRはVRスポーツ配信プラットフォームの構築を目指している。

すでに、ICCと提携し、マンチェスター・ユナイテッドとFCバルセロナのサッカーの試合をVRで配信したり、ゴルフの全米オープンやNBAの試合の配信の実績もあり、VRスポーツ中継分野の本命と言えそうだ。

海外のバンドのコンサートや、海外サッカーを自宅で楽しめる日もそう遠くないだろう。もしかしたら、VRライブストリーミングが一番身近なVRサービスになるのかもしれない。

●参考リンク
PRTIMES “Underworld”限定ライブに二次会場のファンが熱狂!Galaxy「Gear VR」で360度映像ライブストリーミング
Next Virtual Reality Broadcast Events(NextVR)

PageTopへ