mw-portrait

次期バージョンの開発者向けプレビュー版が提供開始『Android N』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年3月10日]

Android Nの開発者向けプレビューが公開された。例年よりも、かなり早く行われた今回のプレビュー、どのような機能が追加されたのだろうか?

Android Nの目玉機能は?

マルチウインドウ

今回、追加された機能の中で、特筆すべきなのがマルチウインドウ機能だ。Andorid Nを搭載しているスマートフォンやタブレットならば、上下左右に画面を分けることが出来る。しかも、ドラッグすることで大きさを自由に変化させたり、アプリ間でデータを行き来させたりと、かなり便利。ちなみにサムスンのGalaxyシリーズは早くからこの機能を独自に実装していた。

ただし、パソコンユーザーにはおなじみの機能だが、スマホのみを使っているユーザーにとって必須の機能かというと、そんなことはないかもしれない。
mw-splitscreen

通知

通知機能も改善し、より速く簡単に使えるようになった。アンドロイドのスマートウォッチであるAndroid Wearと同じAPIを採用しているので、Android Wearに対応しているアプリは、コードを変えなくても動かすことができるそう。
notifications-2notifications-3
1つの大きな変化として、グループメッセージのトークが画面の端に表示され、無視するか反応するかを選択することが出来るようになった(Android Wearと同じモデル)。さらに、逐一アプリを開くことなく通知画面上で、メッセージの返信ができるようになった。

Dozeモード

Marshmallowで導入されたDozeモードも進化した。元々は、しばらくの間デバイスが稼動していないときのみにしか作動しなかったが、それ以外のときも作動するようになり、電池持ちも良くなる。さらに、OSのメモリを削減することができるProject Svelteも組み合わせれば、低スペックスマホが使いやすくなるかもしれない。常時通信が必要なゲームなどでは、設定をオフにする必要がありそうだ。

Quick Settings

quicksettingsQuick Settings機能も便利になった。Quick Settingsの画面が複数に増え、セッティングできる項目が多くなった。その他、タイルの配置やセットする項目も自由に決定できるなどカスタマイズ機能も強化された

その他、バイリンガル向けにマルチロケール対応したり扱う言語を増やしたりと様々な改善がなされている。公式サイトをチェックされたい。

このプレビュー版は、Nexus 6、Nexus 5X、Nexus 6P、Nexus 9、Nexus Player、Pixel Cユーザーはインストールすることが出来る(もっとも開発者向けなので、一般ユーザーは使わないよう推奨されているのでご注意を)。

●参考リンク
Android N for Developers
Android N Developer Preview

タグ:
PageTopへ