アイキャッチ画像

クローゼットもクラウドの時代? 新品借り放題の洋服レンタルサービスを比較してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年3月10日]

fdsff毎シーズンごとに、服を買い換えるのはもったいない……。でも、一年中同じ服を着るわけにはいかないですよね。そんなあなたに、おススメなのが、Fashion Techの一角でもある洋服レンタルサービス。ここ数年で段々その種類を増やして注目度もあがってきています。

個性豊かなレンタルサービス

手軽にレンタル『メチャカリ』

服レンタルサービスの中で、最も有名なのがクロスカンパニー社の「メチャカリ」。月額5,800円で、新作アイテムが借り放題。扱っているブランドは全部で6つ。同社のブランドとしては、森ガール風のearth music&ecology、ガーリーなE hyphen world gallery、オフタイムカジュアルブランドSEVENDAYS=SUNDAY、20以上のブランドを扱うセレクトショップGreen Parks。それに加え、株式会社CanのSamansa Mos2,Te chichiがある。ジャンルはガーリー系にかなり偏っている。

気に入ったコーデをまとめて借りるのも、単品で借りるのも可能(手元においておけるのは3着まで)。そして、60日間借りたアイテムを手に入れることが出来るという特典がついてくる。ただし、アイテムの金額が大体数千円なので、元をとることは考えないほうがよさそうだ。
今なら初月無料で体験できるので、earth music&ecology系の服が好きな方は試してみてほしい。

プロのスタイリストのチョイスでおしゃれに『airCloset』

airClosetは月額6,800円で、プロのスタイリストが選んだ服をレンタルできるサービスだ。自分の好きなタイプの服を伝えて、プロのスタイリストがコーデを選ぶという仕組み。

fdsff

自分の好きな服を選び、好みを伝えよう

おしゃれはしてみたいけど、自分でコーディネートする自信がない人向けのサービスといえそう。使用期限は存在せず、返却したら新しい服が送られてくるため、気軽に色んなコーディネートを楽しむことが出来る。もちろん気に入った服を買い取ることも可能。ブランドは非公表なものの、送られてくる服の価格は大体数千円~3万円のもの。安物が入っているわけではなさそうだ。

アクセサリー、バッグを合わせたトータルコーデ『SUSTINA』

SUSTINAは服だけでなく、アクセサリーやバッグをレンタルすることが出来る。一度に3つのアイテムがレンタルできる月額4,800円のプランと、5つのアイテムがレンタルできる5,800円のプランがあり、他のサービスより若干リーズナブルになっている。
ffd
ただのアクセサリーだけでなく、Apple Watchなどのウェアラブル端末まで借りることが出来る。服だけじゃ物足りない方におススメ。

唯一実店舗を持つ『Licie』

Licieは洋服レンタルサービスの中では、珍しく、実店舗に行き実際に服を選ぶことが出来る。選べるアイテムは、Lecie本店にある服。取り扱いブランドは100を超え、数十万円もするドレスもあるとか。

ただし、レンタルするごとに表参道にあるLicie本店に行かなくてはいけない点、レンタル期限が月額5,500円のベーシックプランだと2週間、月額500円のトライアルプランだと1泊2日とかなり短い点。そして、一度に借りられるアイテムが最大で2つと少ない点は注意が必要。実際に服を見て選びたい人向けのサービスだろう。

最近テレビ番組で取り上げられることも多くなってきた洋服レンタルサービス。初月無料で始められるメチャカリあたりから試してみてはいかがだろうか。

●参考リンク
メチャカリ
aircloset
SUSTINA
Licie

PageTopへ