アイキャッチ画像

デュアル魚眼レンズを搭載したサムスンのVRカメラ『Gear 360』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年2月23日]

サムスンは2月21日、次世代Android端末『Galaxy S7』『Galaxy S7 edge』と同時に、VRカメラ『Gear 360』を発表しました。

20160221ZS1AQ8DVDDKMQ7BLRPOGZDKG

近未来を想起させるようなフォルムで、これが「現在」になりつつあるというのには驚きですね。これがどのようなことを可能にしてくれるのか、詳しく見ていきましょう。

▼関連記事
LGが新型スマホ『LG G5』を発表! 周辺機器も充実でVRにも対応

小型ボディに機能が凝縮!

Gear 360は、直径約6cm、重さ153gの超小型カメラです。どのくらい小さいかというと……
キャプチャ
このくらい。手の平よりひと回りほど小さいサイズで、携帯性も抜群です!

いくら小型でも、カメラとしての性能が低かったら意味がありませんね。しかしご安心ください。このGear 360、小さくても機能は充実しています。
まず特徴的なのが、15メガピクセルの魚眼レンズを2つ搭載していることです。
201602218PLLTSQAZLCZY6UVMV9DFPUH
この2つのレンズによって、360度動画・静止画の撮影ができるのです。撮影できる動画の解像度は3840×1920ピクセル、静止画は30メガピクセルと、どちらも高画質です。レンズもF2.0とかなり明るいので、明るいところではもちろん暗所でも高画質での撮影ができるようになっています。また、片方のレンズのみを使って180度動画・静止画の撮影も可能となっています。

このように、Gear 360は小型で携帯性が高いながらも抜群の性能を誇っています。

スマホとの連携もGood!

単体の機能だけでも魅力的なGear 360ですが、サムスン製のスマホ「Galaxy」シリーズと合わせて使うことで真価を発揮します。

まず、動画・静止画を録画して保存する前にリアルタイムでプレビューができます。プレビューしてみて「撮影したかった映像と少し違う」という時には、保存せずに撮り直すことができます。また、動画を保存せずに直接YouTubeなどにアップすることもできます。もちろん作った360度動画は、Gear VRで楽しめるので「共有はしないけど、後で自分で見直したい」といった時にも使えます。

これらの機能はすべて専用のアプリで利用可能で、特別な技術は不要です。ですので、Gear 360を使えば誰でも簡単に360度コンテンツを作り、体験を共有できてしまうのです。

いかがでしたか? Gear 360は、今年の4~6月に複数の国での発売を予定しているそうです。
端末が高価ということもあり、まだまだ庶民には手が出しづらいVR。この次世代型VRカメラによって、VRが少しでも身近なものになってくれると嬉しいですね。

▼参考HP
Samsung Reimagines the Way Moments are Captured and Shared with Gear 360

PageTopへ