adfuri

低コスト、ローリスクで収益最大化~UUUM人気YouTuberのカジュアルゲームコラボプログラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年2月19日]

 数多くのYouTuberを抱える芸能プロダクションであるUUUM株式会社が、自社に所属する人気YouTuberのIPを活用したスマホゲームコラボ事業を開始することを発表した。
 今回のコラボ事業はSSP『アドフリくん』を運営する株式会社ADFULLYとの共同事業として行われ、アドフリくんを利用するゲームディベロッパーは、自身のカジュアルゲーム内で UUUM所属の人気YouTuberによるコンテンツコラボを実施でき、また、YouTuber自身のチャンネル上でプロモーションが行えるとのこと。
Lecture VR

YouTuberのIPを最大限活用

今までの実績

  今回から「カジュアルゲームコラボプログラム」としてスマホゲームコラボ事業を正式にスタートするが、実はUUUMは、以前から人気YouTuberとカジュアルゲームのコラボは行っており、実績は証明されている。
 例えば、俺の校長3DというカジュアルアプリはHIKAKINやはじめしゃちょーなど、100名以上のYouTuberがゲーム内キャラクターとして登場&コラボし、Hikakin Gamesにおいて同アプリの実況動画は約80万再生された。また、アプリ自体も、総合ランキング1位まで到達した。

カジュアルゲームコラボプログラムのメリット

今回のコラボレーション事業によってゲームディベロッパーはゲームが元々好きなYouTuberの視聴者に対し、ダイレクトにリーチすることができ、10%以上の高いダウンロード率を実現できる。また、低コスト、ローリスクであることに加え、コラボ企画のコンサルティング、サポートもしてくれるようだ。それに加え、SSP『アドフリくん』により、広告マネタイズへの工数を最小限に抑えながら、効率よく広告収益を最大化することが可能。1ダウンロードあたりの売り上げが50~100円を超える実績もある。
 sdsdsd
 興味がわいたゲームディベロッパーの方は以下の参考リンクを参照されたい。

●参考リンク
アドフリくん 【リリース】アドフリくん(SSP) 人気YouTuberとコラボしたスマホゲーム事業でアプリディベロッパーを支援
UUUM カジュアルゲームコラボプログラム

PageTopへ