アイキャッチ画像

Leap Motion『Orion』がVRコントローラーのスタンダードになるのか? 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年2月18日]

orion VRに関してよく話題となるのが「どのコントローラーが最も一般的(ポピュラー)になるか」だ。VRにおいて最も重要なのが没入感なのは言うまでもなく、多くの企業が没入感を損なわないようなコントローラーの開発に励んでいる。
 例えば、VRデバイスOculus Riftを開発したOculus VR社が発表したコントローラーOculus Touchなどは、直感的な操作が出来ると話題になっている。このコントローラーはモーションセンサーとボタンが付いているデバイスを両手に持つスタイルになっており、従来のコントローラーとモーションセンサーを融合させたものといえる。

Oculus-Touch-3

現在最も注目されているコントローラーといって差し支えない

 実際に使っている様子を見れば、話題になっている理由も分かるはずだ。

物理ボタンとモーションセンサーを使い分け、多彩なアクションが可能

Oculus Touchすら超える直感性! Leap Motionとは

 確かにOculus Touchもかなり直感的なコントローラーだが、Leap Motionはさらに直感的なコントローラーといえる。Leap Motionはユーザーの手と指の動きを赤外線で感知し、操作できるモーションセンサーデバイスであり、手に何も持つ必要がないのが最大の特徴だ。

スマホのような操作感覚

 Leap Motionの紹介動画を見てみれば、いかに直感的に操作できるのか見て取れるだろう。スマートフォンの様に指先で線を描いたり、ピンチインやフリックをするだけでなく、物を引っ張ったり、銃を撃ったりと操作方法は多彩なものになっており、まるで画面に触っているようだ。

Leap Motion Orionの可能性

 そして今回ついにLeap MotionをVR向けに特化したエンジン『Leap Motion Orion』の開発者向けベータ版がリリースされた。
 Leap Motion Orionは、従来よりもトラッキングできるエリアが広がっており、手だけでなく、腕全体で操作できるようになっている。また、遅延も減っており、酔う心配も少なくなっている。それに加え、手を認識するセンサーの感度も良くなっている、複雑な状況を再現可能など全体的に進化している。


 その操作感覚はまさしくVRの世界に入っていると言えるものだ。物を掴む、弾く、押すことはもちろんのこと、VR世界を歩き回ることすら出来ており、没入感さらに実在感という点ではOculus TouchやSteam VRコントローラー、PS Moveといった他のVRコントローラーより優れているのは間違いなさそうだ(VR版キネクトとって差し支えない)。

 しかし、没入感という点でLeap Motionが優れているといっても、物理ボタンがあったほうが複雑な操作をしやすいなど、他のコントローラーにもそれぞれ優れた点がある。それに加え、これから多くのコントローラーが開発され、競合ライバルも増えていくに違いない。そうした状況下でVRコントローラー市場の覇権をLeap Motionが握ることが出来るのか、注目したいところだ。

Touch by Oculus | Oculus
Leap Motion

PageTopへ