アイキャッチ画像

あなたのスマホは大丈夫? Androidのセキュリティガイドラインが公開 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年2月12日]

 Screenshot_20160212-123859iOSとAndroidを比較する際、よく話題に上がるのがセキュリティの問題だ。そして、多くの場合、iOSに軍配があがる。その理由として、指紋認証システムTouch IDの存在。iOSはApp Storeからしかダウンロードできずロックダウンが激しいのに対し、AndroidはGoogle Playを介さずともアプリをダウンロードすることが出来る点があげられる。
 そんな中GoogleからAndroidのセキュリティガイドラインが出された。是非、Androidユーザーの方々にはこの機会に自分のスマホのセキュリティをチェックしてもらいたい。

あなたのスマホを守る4つの方法

アプリはGoogle Play以外からダウンロードしない

 前述の通り、AndroidはGoogle Play以外からアプリをダウンロードできるが、セキュリティのことを考えるのならばGoogle Playのみを使うべきだ。

 Googleはいくつかの手段で、アプリを分析している。例えば、そのアプリがStoreのポリシーに反していないかを精査し、違反していた場合アプリやディベロッパーをブロックする。また、アンドロイドセキュリティチームによって潜在的に危険だとみなされたらアプリをブロックしている。

Screenshot_20160212-123859

Androidのメニューで、設定>セキュリティから「提供元不明のアプリ」をオフにしておくと安心だ

Screen lockとAndroid Device Managerを起動する

 使っていない人はかなり少数派だと思うが、当然Scrren lockは使うべきだ。スマホをなくしてしまった場合、誰かに勝手に使われる可能性を大幅に下げることが出来る。それに加えて、Android device Managerを使うことで、自分のスマホの場所を確かめたり、遠隔操作でロックすることが出来る。この機能は全てのAndroidデバイスにプリインストールされている。

デバイスを暗号化する

 暗号化は自分のデバイスを紛失したり盗まれたときに、個人情報を守る手段として大変重要だ。自分のデバイスが暗号化されているかは設定に入り、セキュリティを押し、電話を暗号化をタップすればよい。Nexus 5XやNexus 6Pはデフォルトで暗号化されている。

アクセス許可を管理する

 アクセス許可を下ろさない限り、アプリは自分自身に入っているデータしか使うことが出来ない。例えば、追加して許可を与えない限り、写真や位置情報を知られることはない。設定のアクセス許可を見て、不必要な個人情報の開示をしていないかチェックしてみよう。

Screenshot_20160212-130241

ツムツムに「電話」は必要ない気がする。設定を変更すると「意図されたとおりに動作しない可能性」とアラートが出るが、今のところ動作に問題は無い

●参考リンク
Safety First: Four easy Android security tips

PageTopへ