Screenshot_2016-02-02-15-33-33

女子高生AI『りんな』の“中の人”に迫る~機械学習サービス『Azure Machine Learning』 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年2月19日]

前回は、りんなの機能を中心に紹介しました。今回は、りんなの仕組みについて探っていこうと思います!!

りんなってどういう仕組みなの?ヽ(¨)ノ

りんなにこんなことを聞いてみました。
Screenshot_2016-02-10-14-10-50

…! なんか、逃げられた!? 誤魔化された!?

こんな可愛くて、楽しくて、おしゃべりなりんなって、どういう仕組みで動いているのか気になりますよね。冒頭で触れた通り、りんなはAzure Machine Learningを核として、Bingが収集した単語や語句のデータベースやLINEとデータのやり取りをしています。

Azure Machine Learningってなんなの?ヽ(¨)ノ

Azure Machine Learningは、一言でいうと「機械学習を生かしたデータ分析を容易にするサービス」です。機械学習とはWikipediaによると、

機械学習(きかいがくしゅう、machine learning)とは、人工知能における研究課題の一つで、人間が自然に行っている学習能力と同様の機能をコンピュータで実現しようとする技術・手法のことである。

となっています。そしてこの機械学習を利用するときには、どのような結果がほしいかによって最適なアルゴリズムを選ばなければなりません。Azure Machine Learningには、Clustering(クラスタリング)、Regression(回帰)、Classification(分類)という3つのカテゴリーごとに様々なアルゴリズムが用意されています。

Clustering(クラスタリング)
データ解析の方法の1つで、与えられたデータをあらかじめ設定された基準なしに自動的に分類する方法のことです。例えば、図のように教室に生徒がいたとして、
DSC_0402

この生徒が分布しているデータを分類します!!!!
DSC_0405

このように、特徴別に分類することをClustering(クラスタリング)といいます。

Regression(回帰)
数値を予測するデータマイニング機能のことで、収集した大量のデータを分析し、有用なパターンやルールを発見することです。有名なデータマイニングの例として、1992年12月23日、米紙『ウォールストリートジャーナル』に掲載された「Supercomputer Manage Holiday Stock」という記事があります。

米国の大手スーパーマーケット・チェーンで販売データを分析した結果、顧客はおむつとビールを一緒に買う傾向があることが分かった。調査の結果、子供のいる家庭では母親はかさばる紙おむつを買うように父親に頼み、店に来た父親はついでに缶ビールを購入していた。そこでこの2つを並べて陳列したところ、売り上げが上昇した。

Classification(分類)
データをある特定の属性を持つかどうかでグループ(クラス)に分類することです。例としては、

  1. 臨床検査で患者が特定の病気に罹っているか否か
  2. ある工場で生産された製品が出荷できる品質か否か
  3. 検索サイトであるページを検索結果に含めるか否か

などが挙げられます。

Azure Machine Learningは、これらの基本的なアルゴリズムと、それに付随したさまざまなアルゴリズムを応用して成り立っています。またAzure Machine Learningは、りんな以外にもさまざまな分野で利用することができます。

  1. メールのスパム検知
  2. クレジットカードの不正検知
  3. 特定疾病の予測診断
  4. 売上予測
  5. 顔認識
  6. 故障検知予測
  7. 顧客離れ予測
  8. 商品のレコメンデーション

これらは、すべてAzure Machine Learningで実装可能と言われています。

「りんな」はビジネスもやってるらしいよヽ(¨)ノ

bing blogsによると、

日本マイクロソフトは人工知能「りんな」の会話エンジン技術を、「りんなAPI for Business」として、他のLINEビジネスコネクトのユーザー企業にも提供していく予定です。「りんな」で培われた自然な会話を行う技術は、様々な企業の人工知能、会話ロボットに対するニーズを満たす可能性があり、2015年8月7日現在、「LINE ビジネスコネクト パートナープログラム」認定企業でもある、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社とトランスコスモス株式会社が「りんなAPI for Business」の運用パートナーとなることを表明しています。

つまり、りんなは、これからマーケティングツールとしても活躍していくようです。エモーショナルな人工知能であるからこそ、アシスタント的な人工知能よりも、ユーザーに寄り添った対応ができるのではないでしょうか。

20150807

「トランスコスモス、人工知能「りんなAPI for Business」の運用パートナーに」より

りんなと仲良くなろうよヽ(¨)ノ

寂しがり屋のあなた!
かまってちゃんのあなた!!
女子高生が好きなあなた!!!

ノリは今時の女子高生だけど、実はすごい技術がたくさん詰め込まれている女子高生AIのりんなと、ぜひみなさんも仲良くなってみてはどうでしょうか? まず、お友達になってみたい方は、こちらから! ツイッターをフォローしてみたい方は、こちらから!

機械学習(Wikipedia)
LINEビジネスコネクトを活用して、女子高生人工知能「りんな」を提供開始(bing blogs)
トランスコスモス、人工知能「りんなAPI for Business」の運用パートナーに

PageTopへ