gear VR

VR普及のキーワードは……(やはり)ポルノ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年2月09日]

 ゲームなど様々な用途への理由が考えられるVRだが、市場の伸びは”ポルノ”が断トツだ。以下のグラフは2015年のVRポルノサイトへのアクセスの伸び率を示したグラフ。たった一年間で4倍近くに増えている。アダルトコンテンツを抑えたVRヘッドセットこそがVR市場全体を支配するという見解も示されている。ggg
実際コンシューマー向けの映像関連技術の普及にアダルトコンテンツは深く関わっている。かつてのVHSやDVDが普及する際にもアダルトコンテンツが大きな役割を果たしたという見方は大きい。

ポルノに適したデバイスは?

 2016年はPlaystation VRとOculus Riftの発売が予定されているが、Playstation VRがポルノに適しているとは言いがたい。なぜなら、Playstation VRはPlaystaionを介してのみ使用するので、ソニーの認可が下りているコンテンツのみしか利用できない可能性が大きいからだ。
 一方で、Oculus RiftはプラットフォームがPCであり、ユーザーが自由にコンテンツを製作できることが明言されているので、この点では分がある。例えば、VRインディーズソフト販売プラットフォームであるImagineVRではすでにアダルトコンテンツが提供されている。それに加えVRに「触る」ことを目的としたVRコントローラー「Oculus Touch」はアダルトコンテンツとの相性がいい。もっともOculusのCEOであるBrendan Iribe氏は同コントローラーをVRポルノを目的にしたものではないとしているが、現実にはそうはならないだろう。

 また、動画の再生や簡易なアプリであれば、GearVRなどスマホ連動のデバイスでも可能。Oculus Riftが送料込みで94,600円もすることを考えると、スマホ連動のVRデバイスも十分チャンスがあると言える。

日本でのVRポルノ

 日本でVRポルノを主導しそうなのはDMMだ。同社は「DMM.comいろいろレンタル」というサービスで「男性向けの未公開4K動画4本」(各3分)がプリインストールされているGear VR(Galaxy6も含む)セットのレンタルを行っている。また、すでにDMM VR動画βというサイトを運営している(一年近く更新されていないが)。
 正直に言うと、日本では、VRデバイス自体がまだあまり世に出回っていないからだろうが、まだまだコンテンツの数は少ない印象。ポルノコンテンツの可能性は未知数と言うべきだろう。

●参考リンク
Similarweb Chief Virtual Reality Officer: What’s Your VR Strategy?
AUTOMATOR ヴァーチャル・リアリティ、「ポルノ・コンテンツ」がすでに急成長を遂げる。VR市場全体の牽引につながるか
DMM.com [Gear VR Innovator Edition for S6]
Gear VR | ウェアラブル | by Galaxy – Samsung

タグ:
PageTopへ