VRゴーグル

伊代菜ちゃんにVRで会える!? まじかる☆タルるートくんリメイクに向けてクラウドファンディング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年1月15日]

 『まじかる☆タルるートくん』は、1990年前後に週刊少年ジャンプで連載され、アニメ、映画、ゲーム、さらにパチンコ、パチスロにまで展開された人気マンガだ。そのタルるートくんを、VR(ヴァーチャル・リアリティ)を活用したマンガ『まじかる☆タルるートくんREBOOT』としてリメイクするため、クラウドファンディングが開始された。
 このプロジェクトを主導するのは、マンガ・アニメ・ゲームといったコンテンツの権利マネジメントとグローバル展開を手掛ける株式会社ダブルエルだ。本プロジェクトは、ダブルエル代表の保手濱氏の「タルるートくんの魔法をVR世界で再現したい」という熱い思いが、原作者である江川達也氏に伝わり、二次活用というかたちで進んでいる。
 同社は、VRテクノロジーを活用して、読者がマンガに入り込むという全く新しいマンガの楽しみ方を提供するとしている。
メインビジュアル

江川達也氏のコメント
 どういうものになるか未知なので、見ものであり、ワクワクしています。率直な感想としては、楽しみ、ですね。漫画界のVRへのアプローチは遅いぐらいであり、技術は進化しているのにそれを活かしたコンテンツがまだまだ足りていない。自分は今まで見たことのないものが見たいので、見たこともないものを作るというみなさんの意気込みが感じられるので、ぜひ自分に見たことのないものを見せて下さい!

伊代菜ちゃんが! VRで! 限界ギリギリに!?

イメージ

成長した伊代菜ちゃんに会えるぞ!

 まじかる☆タルるートくんREBOOTは、原作の世界観がVR上で再現され、タルるートや本丸、伊代菜といった懐かしのキャラクターたちが活躍するストーリーにユーザーが入り込んだような体験ができる作品だ。
 原作当時は小学生だったキャラクターたちは、高校を卒業するまでに成長しており、「高度に発達した科学=魔法」を習得するため大学に入学する。
 タルるートといえば、過激かつ斬新な表現に当時の小中学生たちはドキドキしたものだが、これがスマートフォンアプリとして限界ギリギリ(!)で再現されるとのことで、リジェクトラインを睨んだストアとの(こちらもギリギリの)せめぎ合いが期待される。
 作品中では、3Dサラウンドを使って臨場感ある場面を演出、ストーリーにもインタラクティブ性をもたせ、読者が選択する場面や、複数人の視点(マルチプルビューポイントシステム)で話を進めるアプリならではの仕掛けが提供される。

VRゴーグル

“見Hン”をデザインした『milbox Touch』。後述のクラウドファンディングの5000円コース以上で手に入る

MilboxTouch

スマホとVRゴーグルがあれば、すぐに遊べる

 本プロジェクトのクラウドファンディングは『Makuake』にて開始されており、支援金額別にコースが用意されている他、ストレッチゴールとして、Oculus RiftやPlayStation VR等への対応も予定されている。目標金額に達した場合は、2016年の中頃に第1話が提供される予定だ。

▼参考リンク
株式会社ダブルエル

PageTopへ