tr-rec_3

ローランドのTRシリーズが基本無料の音ゲーアプリに!『TR-REC GAME』 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年12月15日]

tr-rec_3 日本を代表する電子楽器メーカー、Rolandから初のゲームアプリ『TR-REC GAME』がリリースされました。
 TRといえば、同社を代表する名機『TR-808』『TR-8』などのリズムマシンが思い浮かびますが、その冠を持ったゲームアプリについて早速紹介したいと思います。文:内藤 朗(有限会社FOMIS)

TR-808

リズムコンポーザーTR-808

TR-8

AIRA リズム・パフォーマーTR-8

TR-REC GAMEの概要

 TR-REC GAMEは、ダンスミュージックのリズムトラック作りを楽しみながら体感できるスマートフォン/タブレット用アプリです。iOSとAndroidに対応し、AppStore並びにGoogle Playから無料でダウンロードできます。
 一言で言うと、いわゆる「音ゲー」に分類されるゲームなのですが、オリジナルのダンスミュージックに合わせてバスドラム、スネアドラム、タム、ハイハット、シンバルなどの打楽器音色を選択して、画面下部にある16個のボタンを使用して指定されているリズムパターンを作っていく……という流れとなります。パターンの入力を進めていくことで、各打楽器音色がだんだんと重なって、ゴキゲンなダンスミュージックのドラムトラックが仕上がっていき、設定された時間内にパターンの入力ができると次のステージへ進めるようになります。
 この「ステージクリアの快感」というゲームの楽しみ方はもちろんあるのですが、本格的なダンスミュージックにおけるリズムの構成や仕組みも一緒に理解することができるというドラム入門的な要素も兼ね備えている点が大きな特徴となっています(図1a、1b、及び図2参照)。
 本アプリは、全48ステージで構成されており、ステージ1~18までは無料でプレイ可能で、それより先のステージはアプリ内課金で「コイン 」を購入することでプレイすることができます。コインは、120円で100コイン、240円で210コイン、360円で330コインという換金率で購入でき、1ライフ回復:5コイン、1ライフ枠拡大:10コイン、ステージ購入:3ステージ25コインが必要となります。
 ちなみにアプリを起動すると最初にAIRA※のロゴが表示されることからもわかるように、TR-REC GAMEのリリースに対してローランド社が新しいチャレンジにかける強い意気込みが感じられます。※新時代のダンスミュージックを創造する、革新的なライブパフォーマンスを実現するダンスギアのラインナップ(ローランドのAIRA公式ページより)。

tr-rec_1a

TR-REC GAMEのスタート画面

tr-rec_1b

ステージの選択画面

tr-rec_2

続いて表示される画面の「GAME START」をタップするとゲーム開始となる

プレイ画面各部について

 それでは続いてアプリの各部について解説しましょう。
 このゲームの画面を見ると、楽器演奏や曲作りをしている人であれば、リズムパターンの作成画面のように感じられると思いますが、それもそのはず。アプリ名からもわかるように、同社製品JD-Xiにも装備されている「TR-REC」機能や、ダンスミュージックで多用されるリズムマシンの名機「TR-808」や最先端モデル「TR-8」の音色とリズムプログラミング方法が再現されているのです。それ故、ゲーム自体は非常にシンプルなルール、かつわかりやすい操作性です。TR系のリズムマシンや打ち込みをしたことのある人であれば、すぐに馴染めると思いますし、打ち込みをやったことがない人でもチュートリアルステージをプレイすれば、ゲームのルールは習得できますので、誰でもすぐにゲームを楽しめるでしょう。
 さて、前置きが長くなりましたが、プレイ画面左上部を見てみると、左から順にライフ数、小節・ステップ数、得点、コンボ数の表示があります。続いて画面中央部のピアノロール風GUIはプレイを行うためのメイン部分です。入力された音がどのようなリズムパターンとなるのかが、ゲームをプレイしながら理解していくことができます。その下には、入力を行う打楽器音色の選択ボタン、入力指定を行う入力ボタン、というのが大まかな画面構成で、プレイするための複雑な設定などを行う必要はありません(図3参照)。

tr-rec_3

1:左から順にライフ数、小節・ステップ数、得点、コンボ数をそれぞれ表示している
2:中央部ピアノロール風メイン部分
3:上段が各打楽器の選択ボタン、下段が入力ボタン

ゲームルールについて

 改めて説明の必要がない位ルールはシンプルでわかりやすいのですが、今一度まとめておきましょう。
 ステージで用意されているダンスミュージックのリズムパターンを耳で聴きつつ、目で追いながら、指定されたリズムを入力して完成させていきます。入力を進めていくと、だんだんとリズムが重なった演奏となって迫力あるリズムが出来ていき、ステージクリアごとにリズム入力の難易度もアップしていきます。
 プレイした曲のスコアは、FacebookやTwitterで知人とシェアすることも可能ですので、仲間内でステージごとの得点を競う、というのも面白いと思います。
 また、プレイ中に指定されたリズムは時間内に完成させる必要があり、完成できなかった場合は「ライフ」を1つ消費し、「ライフ」が無くなるとゲームオーバーとなります。リズムを正確に入力すると得点が加算され、それが完成することでボーナス得点をゲットできたり、この他、プレイ中には「ライフ獲得」「お助けガイド」「リズム自動入力」など、ゲームを盛り上げてくれる様々なアイテムも用意されています。

実際にTR-REC GAMEをプレイしてみた

 私は高校生の趣味でやっていた頃も含めると、TR系の打ち込みはウン十年前からやってきましたので、最初は正直甘く見ていました。しかし、最初は「ラクショー、ラクショー」などと思いつつプレイしていたのですが、ステージが上がって難易度も上がっていくと、だんだん本気になってプレイしていました(図5参照)。
 指定時間内に打楽器を切り替えて、指定ポイントに正確に打ち込むというのは、難易度が上がるにつれて、打ち込みに慣れていてもミスる個所が増えました。正直に言えば、入力する打楽器が増えてくるにつれて、リズムの入力よりも打楽器の選び間違えや選び損ないが増えた、というのが実感です。私的には、このゲームの攻略方法は前述のポイントの克服かなと思っています。特にイレギュラーで出現する「ライフ獲得」や「リズム自動入力」も難易度が上がってくるとプレイの手助けとなる機会が増えてきますので、これらのアイテムは逃さずゲットしたいですね(ネタバレ感もあるので、どのマークがどれなのかはちょっと控えたいと思います)。
 また、プレイ後の得点が曲ごとに設定されているスコアをクリアするともらえるメダルもプレイへの本気度を高めています(図4参照)。

tr-rec_4

黄色で囲んだ部分が、獲得したメダルの表示される部分となる

 高得点を得るためには「コンボ」をいかに連鎖させていくかもポイントとなっています。このゲームにおけるコンボのルールもシンプルで「漏れ&ミスなく全て入力する」ことでコンボが適用されます。音楽の演奏もミスタッチや正確性は重要ですから、非常に理にかなった設定だと思います。

tr-rec_5

プレイ中の状態。黄色の枠線で囲んだ部分が入力した音符の得点を表している

 ちなみに打ち込む楽器やタイミングをミスすると減点とはならないものの、コンボがリセットされるようになっていますので、高得点を狙う場合には特に要注意でしょう(図6参照)。

tr-rec_6

指定されたフレーズが正確に入力されると図のように「EXCELLENT!」というメッセージが表示される

 楽曲も本格的なダンスナンバー揃いですので、まさにダンスミュージックのリズムトラック研究にも活用できるでしょう。
音ゲーが好きな人はもちろん、リズムの打ち込みに自信がある人にもぜひチャレンジしてほしいアプリです。

▼参考リンク
TR-REC GAME(アプリダウンロードもこちらから)
AIRA

PageTopへ