YouTube-logo-full_color

夢はYouTuber!? YouTuberになる方法を探る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年12月14日]

 YouTuberといえば、ここ2~3年ですっかり浸透し、小学生の将来やりたい職業ランキングでも上位に入るようになっている仕事。
 しかし、「好きなことで、生きていく」ことができるYouTuberはほんの一握り。誰もが「HIKAKIN」や「はじめしゃちょー」になれるわけではない。ということで、
 今回はそのほんの一握りのYouTuberを真剣に目指している人向けにYouTuberになる手段を探ってみた。

YouTuberになるための3つの手段

 YouTuberになるためには大きくわけて3つの手段がある。一つは独学で行う。二つ目は教習プログラムを利用する、三つ目は専門学校に進学する、だ。それぞれメリット、デメリットがある。

Case1:独学でYouTuberを目指す

このやり方のメリットはリスクが少ない事だろう。費用としてかかるのはせいぜいビデオカメラと小道具の代金。ちなみに人気YouTuberの使用カメラはだいたい10万~20万程度が多いようだ。

こちらの動画で各々のカメラを紹介している

 それに、一番のメリットとして学生やサラリーマンをやりながら出来るので、YouTuberとして芽が出なかったとしても日常生活に影響をきたす事は無い。俳優やお笑い芸人と違い、気軽に目指せるところはやはりYouTuberの大きなメリットだろう。

case2:教習プログラムを利用する

 独学でYouTuberを目指してもいいが、やはりノウハウが無いと再生数を伸ばすのは難しいモノ。ということでおススメなのが「YouTuber スクール」。「YouTuber スクール」とはYouTuberを目指す人向けの3 週間のメールによるトレーニングプログラムのこと。動画を撮る際の基礎知識やHIKAKINら人気YouTuberのアドバイスを受けることが出来る。このプログラムはYouTubeを運営しているGoogleが主催。よくわからない企業が開催する怪しいセミナーなどではないので安心して利用できる。しかも受講料は無料だ。
gx
 またYoutubeはクリエイターアカデミーというプログラムも動画で提供しており、こちらも無料で受講することが出来る。

case3:学校に行く

 前述したとおりYouTuberは気軽に目指せるのが最大のメリットであるが、少しでも人気YouTuberになる確率を上げるために、学校に行くのも手かもしれない。
 YouTuberとしてのスキルを学べる学校としては、デジタルハリウッド大学のネット動画クリエイター専攻が挙げられる。このコースはYouTuber事務所のUUUMとの提携も発表されており、多くのサポートを受けられるという。ちなみに受講料は以下の通り。

5ds

値段は張るが様々な映像製作技術を学べる

 このようにYouTuberになる方法は多種多様、自分の目的にあったやり方でYouTuberを目指してほしい。
 
●関連リンク
YouTuber スクール
デジタルハリウッド大学 ネット動画クリエイター専攻
CNET Japan UUUM、「YouTuber」育成に本腰–定員設けず新人募集、デジハリと組んで特別講座も
Youtube クリエイターアカデミー

PageTopへ